1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

立川の30年〔6812〕2021/12/09

立川の30年

2021年12月9日(木)晴れ

ここは立川。高知自動車道のパーキングエリア。立川は「たちかわ」ではなくて「だじかわ」やけど、なんか、最近「たちかわ」と読む人が増えてきてる気がしませんか?

地名というものは、結構変化していくものだから、ひょっとしたら将来、立川は「たちかわ」になるのかも知れませんね。知らんけど。

 

昨日の夕刻松山へ行ってました。業会の寄り合い。で、今日はかなり忙しいので、高速道路で帰高。朝7時頃に通りかかった立川パーキングエリアで、この写真を撮りました。そう。キレイに改装された、新しい立川パーキングエリア。

ここにパーキングエリアができたのは、川之江大豊間が開通した時だから、平成4年。1992年1月30日だって。なんと、もうすぐ30年。そんなになるのか。今、調べてて、あらためて驚きました。いやー、30年。つい、こないだ開通した、という感覚やのにね。30年。

高知で初めての高速道路、大豊南国間が開通したのはその5年前の1987年10月。34年以上前。その時、開通前の高速道路を使って「もぐらマラソン」とか言うのが、開催されたのを覚えてます。トンネルばかりなので「もぐら」。あの頃はマラソンなんかには全然興味がなかったけど、今やったら、エントリーしちょったかも知れません。高速道路を自分の足で走る機会なんてーのは、なかなか無いですきんね。

あの時、大豊インターの界隈で「高速博」という博覧会が開催されて、すごい人出やったこと、覚えてます。やきそば頼んだら、30分くらいかかりました。

 

で、このパーキングエリア。そりゃあ、30年経ちゃあ、建て替えもするでしょう。営業は8時からなので、まだ開いてません。特に、ふりがな振ってる訳でもないから、知らん人は「たちかわ」と読むでしょう。高速道路を利用する人は、その地元の歴史や地理に詳しい訳ではないので、「たちかわ」と読んでいる人の方が多いのかも知れません。たぶん、そう。

そしてあと30年も経てば、「たじかわ」と読む人も減って、みんな「たちかわ」と呼ぶようになっているでしょうか。

30年って、アッと言う間やけど。


←前日の日記2021年12月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter