1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

ハバナのストリートビュー〔6783〕2021/11/10

ハバナのストリートビュー

2021年11月10日(水)晴れ

秋深し、などと言うてたら、もう寒くなってきました。冬の気配が近づく朝。もう冬か。早いね~。

 

昨日、キューバ、ハバナの街をストリートビューで見てて、思ったことがあります。ストリートビューの撮影に使用している車と、その撮影者のこと。この写真、ご覧ください。そう。ハバナの道路を走るド派手なオープンカー。これがストリートビューなのでした。

 

たまに見かける、Googleの360度カメラを載せた車。ストリートビュー撮影してるんだな、とわかる車を、時々見かけたりしますが、これはいったい何だ。

流石に社会主義革命の国で、ハバナ市内でも、ストリートビューで見られる地点は、日本みたいに多い訳ではありません。それでも旧市街は「オールド・ハバナ」ということで世界遺産にも認定されてる素敵な街並みなんですね。ストリートビューで、その世界遺産の街並みを楽しむことは、できます。

できるけど、この撮影カーは、すごい。流石カリブ海の真珠。社会主義国というイメージからかけ離れたこの姿には、驚かされます。

 

確かに、ストリートビューで見てても、アンティークなアメ車が多く走ってます。そして青い空。カラフルな服装の、ラテン感満載の人たち。

 

で。この車。ストリートビューの撮影って、仕事ではないのか?

たぶん、仕事ではないのだ。このスタイル。助手席に姉ちゃん乗せて。完全にリゾート気分ではないか。仕事ならケシカラン。と思いながら他のストリートビューも見てたら、この車の全体像がありました。これだ

彼女とデート、ではなくて、なんか知らんけど楽しげな団体さんでした。カメラは、自撮り棒みたいなのの先。この写真なんぞ、完全に自撮りして楽しんでいるではありませんか。

 

そうか。仕事ではないんだ。

山登りのストリートビューなんかでも、誰か一般の人が撮影した360度カメラの画像になってたりするので、これもそうなのかも知れません。一般の観光客かなにかが市街を派手なレンタカーで走りながら撮影したのかも知れません。でも、いいね、これ。いい。

 

なにより、とてもキューバっぽい。同じ社会主義革命が行われた国でも、国柄が違えばこんなに違う。習近平もビックリやね。いつか行きたいキューバ、ハバナ。モヒート飲みながら生演奏聴いて。そして腕にはタバコカラーのクエルボ・イ・ソブリノス

この運転してるお兄ちゃんの腕にも腕時計が見えます。これってクエルボ・イ・ソブリノスではなさそう。後部座席で兄ちゃん達が飲んでるのは、何だろう。ラムかモヒートだったらいいね。着てる服がキューバ国旗みたいな柄なので、やはり観光客なんでしょう。

 

できるならば、麻のスーツ着て、パナマ帽かボルサリーノかぶって、タバコカラーのクエルボ・イ・ソブリノスを腕につけて。こんな車でクラブに乗りつけ、キューバン音楽生演奏聴きながらモヒート飲む。この日ばかりはシガーも吸おう。などと、朝っぱらから妄想が膨らむけど、冷静に考えると、僕には絶対に似合わない・・・


←前日の日記2021年11月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter