1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

くじらドームの朝〔6757〕2021/10/15

くじらドームの朝

2021年10月15日(金)晴れ!

暑いですね。来週からは一気に冷え込むという予報なので、夏の名残を楽しんどきましょう。ここは高知駅。

朝7時発の特急「南風」に乗って、日帰り出張に出掛けております。こういう仕事での人の往来、少しづつ戻ってきております。このままコロナも収束するのを祈るばかり。

 

この右手が、特急「しまんと」と「南風」を連結した車両。近年導入された2700系気動車。座席に電源はあるし、車内Wi-Fiがあるので便利便利。今も、Wi-Fiでネットに繋いでこのにっこりを書いてます。

この「南風」という名称は、なかなかいい。なんぷう、と読むのもいい。

昭和47年に特急「南風」として登場したとき、予讃線の特急が「しおかぜ」なので「みなみかぜ」と読むのかと思うたことでした。「なんぷう」の方が、なんか涼しげで、いい。

 

名前って大事です。国鉄で「南風」という名称が最初に使われたのは、昭和25年の、高松須崎間を走った準急なんだそう。当然やけど、蒸気機関車。で、ウィキによると、高松高知間の所要時間は、下り4時間4分、上り4時間31分を要していたとのこと。上りと下りで所要時間が違うのが、面白いですね。土佐山田駅から新改駅を経由して繁藤駅への山登りと、箸蔵駅から坪尻駅を経由して讃岐財田駅への山登りが、当時の蒸気機関車にとっては難行苦行であったことが、この所要時間からわかるね。どちらも、今は秘境の駅として人気のスイッチバック駅がありますきに。

今朝の特急は、土佐山田駅から琴平駅までの所要時間が87分。同じ時間帯の、下り特急は、停車駅が同じで83分。そうか。今も、上りと下りでは、下りの方が少し速いのか。知らんかった。世の中、知らないことだらけ。

 

と、ここまで書いてきて、汽車は土佐山田駅から山を登り始めました。おう。さすがのWi-Fiも、トンネル入ると使えんのか。そりゃあそうだね。そりゃそうだ。

 

いや、名前って大事、という話でした。

この高知駅の新駅舎が開業したのが、2008年2月のこと。それまではこんな駅舎でした。で、以前にも書いたように、高架になってドーム型の素敵な駅舎ができたので、愛称が公募されたのでした。採用になったのは「くじらドーム」。覚えてますか?

この素敵な駅舎は「くじらドーム」という愛称が付けられているのであります。しかし、多くの高知市民にとって、高知駅ってそんなに馴染みのある場所ではないし、商業施設があったりする訳でもないので、「今日はちょっとくじらドームへ遊びに行ってくるね」などという会話も弾まず、従ってその愛称がみんなに親しまれる、ということにはなっていない、と、思う。

 

僕は、応募せんかったけど、「ソラド」という愛称を考えてました。青い空に似合うドームだから、「ソラド」。

でね、

♪ソラド(上のド)  ソラド(上のド) ソラド(下のド)

というテーマをつくって、列車の到着時なんぞにホームで流す訳だ。今考えると、応募せんで良かったね。ああ。恥ずかしい。


←前日の日記2021年10月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter