1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

夜明け前〔6438〕2020/11/30

夜明け前

2020年11月30日(月)晴れ

冬の朝。もう明日から12月。色んな意味で異例だらけだった2020年も、暮れてゆきます。コロナは終息するどころか、という状況の中でね。でも明けなかった夜は、ない。夜に月が光ってるかどうかだけの違いで、闇夜だろうが満月だろうが、夜は必ず明けるということを、僕らは知ってます。

 

そんな訳で夜明け前、今朝3時半前の、弘化台北端。若松町から弘化台に渡る短い橋の上から、鏡川河口方面を撮影。向こうには筆山を先っぽとする南嶺の山影。その上にお月様。お月様は、風に流される冬の雲の向こうで、明るく光ってます。

左に見える白い倉庫には「大東冷蔵」と書かれています。そう。大東冷蔵さんの製氷工場。大東冷蔵さんには大きく分けて3つの部門があります。巨大冷凍倉庫を利用した冷蔵倉庫部門、製氷部門、そして鯛の養殖を中心とした水産部門。元々、製氷部門が中心で、県内各所にあった「氷屋さん」に、氷を作って供給してました。もちろん今もやってるけど、漁協とか牛乳工場とかでは、自社に製氷機を置くようになってきて、その事業の比率は相対的に低下してます。

倉庫部門は、この弘化台に巨大な冷凍倉庫を建ててから事業の中心となり、現在も倉庫は満杯状態で、活況を呈してます。

でも、現在の大東冷蔵さんの一番の中心事業に成長したのは、水産事業なんですね。

「海援鯛」ブランドの養殖鯛を、その餌と飼い方にこだわることで成功させ、各地の養殖業者さんに飼料を供給すると同時に、自社でも養殖事業を発展させてきております。

 

そもそも、大東冷蔵さんは、九反田にありました。そう。九反田に中央卸売市場があった時代から、九反田に製氷工場がありました。僕も若い頃、トラックで、大東冷蔵さんに氷を取りに行ったりしてたものです。

その九反田にあった工場跡地は、今はマンションになりました。マンションが建ったのは、2004年のこと。

なんでわかるかと言うと、このにっこりひまわりに、そのマンション建設中の風景が写り込んでいるから。

 

現在、その旧大東冷蔵工場跡地に立つマンションは、これ

航空写真で見るとこれで、そこに製氷工場があった頃の航空写真は、これ

 

そして2004年7月22日のにっこりで、東九反田公園の花の話を書いてて、その背景に建設中の、まだ1階部分しかできてないマンションが写り込んでるんですね。8月14日の、ラジオ体操会場からのにっこりでは、3階くらいまでできたマンションが写ってます。そしてJr.2号も。

小学校1年生のJr.2号ですね。7月21日のにっこりには、小学校1年生のJr.2号と小学校4年生のJr.1号が写ってて、仲良くラジオ体操に参加してますな。そんな時代もありました。

二人とも今は遠く関東で社会人。実は昨夜は、Jr.が住む東京・横浜とzoomでつなぎ、親、子、孫で夕食食べたりしました。こういうことができる世の中って、すごい。

 

夜明け前の話でした。

世の中、コロナの状況は厳しいけど、ワクチン開発などの光明も、見えてきてます。もうすぐ、朝。訪れるのは、新しい、朝。

夜が明けたとき、その新しい朝にどう向き合うか、が、問われる今日この頃。


←前日の日記2020年11月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter