1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

階段がないとスッキリ〔6133〕2020/01/30

階段がないとスッキリ

2020年1月30日(木)晴れ

昨日は、夜、高知で会合があったので、飛行機で戻って来ました。ANA。久々にANAの飛行機で、大阪から帰って来ました。

ここは今朝の宝永町交差点。電車通りの、宝永町の交差点。歩道橋のある、あの広い交差点です。

今朝も寒くありません。このように、今月も一度も氷点下にならんかった高知市。最低気温が9℃11℃8℃8℃7℃10℃って、なんですかね、これ。1月の気温とは思えない陽気が続きます。どうやらこの1月も氷点下になることなく終わりそう。

このまま春になり、また、次の冬も暖かかったら。

2020年、高知市で一番寒かった日は元旦でした、みたいなことになるかも知れませんな。いやはや。

 

さて。

この写真。ちょっとおかしいところがあります。そう。歩道橋の階段が、ない。歩道橋を向こう側から渡ってきたら、ここで落ちてしまう。だから、向こうの登り口は立ち入り禁止になってました。

これはいったい何なのか。

看板がありました。どうやら、電車通りを西進してきた車がここで鏡川大橋の方へ左折するのに、横断中の人を巻き込む事故のリスクがある。なので、その対策工事をしてるんだそう。どんな対策かは知らんけど。ともかく、一旦階段を撤去して、対策工事を行い、また、階段を取り付ける算段にかありません。なるほど。歩道橋を撤去する訳ではないんだね。なるほど。

 

以前にも書いたけど、今、全国的には歩道橋、撤去する方向にあると言います。そもそも、この横断歩道橋というインフラは日本独特のもの。安全確保のために、橋を渡れ、という自動車優先の考え方、少なくともヨーロッパとかには無さそうですもんね。

僕らが子供の頃に大量につくられた歩道橋。この電車通にも、たくさん架かってます。架かってますが、そこを歩いて渡ってる人、あんまし見ない。見ませんよね。少し遠回りでも、信号を渡ったりする方を選択する人が多いから。

 

この歩道橋、いつからあるんだろうか。これが現在の航空写真。十字の場所が、今朝の写真の場所。1970年代は、こう。既に、歩道橋、見えます。

1960年代は、こう。まだ、ない。

つまり、この歩道橋は1970年代に作られたということがわかります。

そう。このページのグラフをご覧ください。その頃、日本の交通事故死者数は、ピークを迎えてます。自動車の増加にインフラが追いついていない。

その後死者数が減ってきてるのは、いろんなインフラや社会環境が整備され、意識も変化してきたからだと思う。インフラが追いついてきた。

 

さて。高齢化社会。

僕ももう、アラカン。足腰弱る日は近い。事故対策の研究も進み、交差点や信号には様々な工夫が施されてくるようになり、歩道橋は撤去される方向に歩み始めた、日本。

いやね、歩道橋って、結構危ないんです。階段のところ。見通しが悪いので、自転車と歩行者、自転車と自転車の衝突事故、増えてると思う。僕も、こことか、この南の常盤町の歩道橋とか、危ない思いしたこと、あります。

一番危険なのは、葛島橋西詰の歩道橋。道路南側の狭さ、見通しの悪さは、かなり危ないと思います。橋から下ってくる自転車、スピードでてますしね。

 

そんなこんなで、そろそろ歩道橋政策、転換しましょうよ。

それで事故が発生したら責任問題になる、ということでなかなか言いだせんのでしょうかね。

 

ここ。歩道橋の柱はまだ立ってるけど、階段がないだけで、見違えるようにスッキリしました。広いねー。

社会構造の変化に、インフラを追いつかせるのは、いつの時代も難しいんだと思う朝。


←前日の日記2020年01月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter