1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

ご愛顧に感謝キャンペーン

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

牛乳と青汁とヤギミルク〔6115〕2020/01/12

牛乳と青汁とヤギミルク

2020年1月12日(日)小雨

小雨。ああ。今日、走りたかった。昨日は良いお天気の中を走ったけど、僕はどちらかと言えば雨の中を走るのが、好きだから。

今日は、諸々用事がありまして、会社に来てます。工場は、もちろん通常に稼働してまして、たくさんの従業員さんが、早朝から働いておられます。

 

牛乳屋さんというのは、昔からそういった商売でした。乳牛は休まないので、酪農家さんに休みはなく、そして搾乳した生乳を受け入れる牛乳工場も休まない。

そして世の中の、社会構造の、商売慣習の変化などなどによって、牛乳は元旦も含めて1年365日製造するものだ、ということになってしまって幾星霜。

最近、働き方改革とかで少しだけ空気が変わってきました。元旦営業しない量販店とかも、増えてきましたね。

お正月が、昔のように静かな、そして家族や親戚でゆっくりと賑やかに過ごすお正月になったら、嬉しい。だってお正月ですもの。でもその為には、某大手量販店の某ショッピングモールが営業しないことが必須。元旦の、あの賑わいは凄まじいですきんね。

もし、あの某ショッピングモールが営業してなかったら、そして量販店が元旦営業をやめたら、随分と日本の正月風景も変わるんだろう、みたいな妄想が、お正月から頭の中を暴走してました。

 

で、牛乳屋さん。それぞれの地域でそれぞれの知恵、工夫を凝らしてやってます。弊社は、近年、この青汁「菜食健美」に力入れてます。同じジャンルではどっちかというと後発ですが、本格さと飲みやすさを両立させ、何より、原料がすべて高知県、それも大豊町だけで栽培されており、いつ、どこの誰さんが収穫した野菜か、ということまでわかるようになっている、青汁「菜食健美」

今は、九州から関東までで、各地の乳業メーカーさんの販売網を利用させて頂いたりしながら、家庭配達できるようになりました。もちろん、可能なエリア、可能でないエリアはあるんですが、とにかく広がってきた青汁「菜食健美」宅配エリア。

ぜひぜひ、こちらにお問い合わせ頂いて試してもらいたいのであります。牛乳屋さんとしてはね。

 

そして「ヤギミルク」。幾度もご紹介してきたけど、南国市で、脱サラしてヤギ牧場を始めた川添くん。そのヤギミルクを、500mlビンに殺菌充填し、フレッシュミルクとして販売してるのはご承知のとおり。ヤギは完全季節繁殖なので、冬季は乳が出ず、今は販売休止期間中ですが。最近、全国で、ヤギを飼い始めるところが出てきてるけど、川添ヤギ牧場が使用している飼料は、基本、全部自分でつくった、もしくは近所の人につくってもらった自家飼料。ここが、川添くんの志。こころざし。

そして今、フレッシュミルクだけではなくて、これをパウダー化する準備、始めてます。

ヤギミルクのパウダーについては、ペット用に需要があって、かなりの問合せ、引き合いがきてます。まだ、日本ではまったく新しい(ヨーロッパとかでは既に確立している)ジャンル。さて。どうなっていくのか、乞うご期待!

 

と、まあ、牛乳屋さんも、色々と考えてます。今までの延長線上には、未来はない、と思って。

昔、乳牛を飼い始め、殺菌して売り始めた人たちは、まったく新しい発想で、新しいことにチャレンジした人たち。その先人のおかげで、今の僕らが、存在します。

 

そして僕らは、新しい発想と行動で、新しい未来を切り拓いてゆく。


←前日の日記2020年01月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook instagram