おすすめ

今日のにっこりひまわり

〔6034〕2019/10/23

秋

2019年10月23日(水)晴れ

昨日は久々に走って帰りました。なので今朝は自転車出勤。自転車で走ると、街のあちこちから、金木犀の匂いが漂ってくる季節になりました。秋深し。

写真は、会社、本社棟前の金木犀。昔、僕が中学生の時に住んでた実家にあった金木犀。その古い家を取り壊す時に、ここに移植してきたもの。大きい金木犀になりました。

 

その手前には秋咲きのひまわり。最近いろんなひまわり、ありますね。春咲いたり秋咲いたり。金木犀の匂いの中に咲く、ひまわり。少し、かなり、不思議な感じもします。ひまわりが咲いてるけど、秋深し。

 

昨日に引き続いて「大言海」。

秋のつく言葉を調べてみました。

 

長秋 なが-あき

ナガイホアキ(長五百秋)に同じ。長き年月。永遠。長久。

 

麦秋 むぎ-あき

麦のとりいれどき。むぎのあき。転じて陰暦五月の異称。

 

千秋 ち-あき

ちとせ(千歳)に同じ。

 

他にもあるけど、秋という言葉は、年月であったり、実りであったりを表現することが多い。その他に、寂しさとかを意味するケースも、ある。

 

心秋 こころ-の-あき

人に厭きられて、心の寂しく感ずること。

 

こんな言葉、今は使わんけど、大槻先生の時代には使ってたのか。

あと、秋と書いて「とき」と読ませること、あります。この用法は、上記の年月とか実りの季節とかの用法にも関係するけど。秋は、収穫の季節であり、一年でもとても大切な時期。だから、年月を表現する時、その重要な季節を取り出して使うようになりました。

 

秋を「とき」と読むのは、諸葛孔明の、有名な「出師の表」が出典だと、ネットで調べたら書いてます。真相は、知りません。危急存亡の秋、と書いてききゅうそんぼうのとき、と読む。

当たり前だが、孔明が「ききゅうそんぼうのとき」と言うた訳ではなくて、日本語に読み下す際に、誰かがそう読んだのでしょうね。で、この「秋」は「重要な時」を意味してるので、「とき」と読んだのか。誰が読んだのか知らんけど、Good Job。

 

今も、時折、「秋」を「とき」と読ませる文章に行き当たること、ありますよね。普通の「時」ではなくて、重要な時を表現したい時の「秋(とき)」。

 

金木犀の匂いが、噎せ返るほどに漂う季節、秋(あき)。

地球上の国々で自国主義、現在主義が高まり、温暖化などの環境変化への対応は二の次になっていて、今、我々の地球が迎えているのが、危急存亡の秋(とき)。この「秋」は、重要な時という意味だけど、なんか、寂しさも漂ってます。


←前日の日記2019年10月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー