おすすめ

今日のにっこりひまわり

梅、天満宮、椿、椿山〔5762〕2019/01/24

梅、天満宮、椿、椿山

2019年1月24日(木)晴れ

昨日、椿のこと、書きました。そして大和の海石榴市のことなど。

椿で忘れてならんのが、椿山。つばやま。仁淀川町の池川から国道494号線という、国道とは思えない狭くてクネクネの道を北上。途中から右に折れ、小さな川沿いに更なるクネクネを上がっていくと、山の急斜面にへばりつくように、集落。かなりの軒数の家々。こんなところにこんな集落が、と驚いてしまう、椿山の集落。

 

家々はたくさんだけど、現在、常在しておられる人口は、1人。おばあちゃんが1人、暮らしておられる椿山。とは言え、週末とかになれば、池川や高知に出て暮らす出身者が帰ってきて、藪を買ったり片付けたり、という作業をしてくれるので、助かっちゅうと、そのおばあちゃんが語ってくれたのが二年前。

今も、あの風景がそのまま残っているうだろうか。

 

椿山といえば焼畑。高知では「切畑」。県下でも、最後まで切畑をやってたのが、椿山。昭和50年代まで、切畑で生計をたてる人が、椿山に暮らしていたのであります。

幾度かご紹介してきたけど、平家落人伝説の残る椿山は、これからどうなっていくのだろうか。立派なお宮さんや仏堂が、かつての集落の大きさを伝えてくれる。

 

あの、家がたくさん斜面に並ぶ集落が、このまま朽ち果てていくのだとしたら、哀しい。哀しいけど、それが世の中の流れなのか。高齢化、人口減少という意味では、日本の最先端の最先端だと言える、椿山。だとすれば、その風景は、地方の社会の未来位を暗示しているのだろうか。いやいや、この辺で潮目を変えて、ちゃんとせんと。ちゃんとせんと、日本の未来は無い。ちゃんとせんと。

 

写真は、今朝、夜明け前の潮江天満宮。そう。梅の花。昨日椿だったので今日は梅。天満宮のシンボル、梅の花が咲き始めました。

右側の、臥牛像に覆いかぶさる紅梅。飛龍梅。ピンク色の美しい花が咲き始めた、飛龍梅。

万葉集で、椿の花を歌ったものは昨日のを含めて9首なんだって。で、梅の花は119首。消防署もビックリ。でも、119首は第一位ではない。万葉集に出てくる植物ナンバーワンは、萩。142首。ちゃんと数えた人が居るんですな。

 

ともあれ、椿が落ち、梅の花が咲く。もう、春はそこまで来ています。まだ、気温でいえば冬が来てないような気もするけど。


←前日の日記2019年01月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー