おすすめ

今日のにっこりひまわり

雨の命山を考える〔5506〕2018/05/13

雨の命山を考える

2018年5月13日(日)雨

日曜日というのに、雨。朝からしっかり降り続く。朝のうち、少し走ってきました。言うまでもなく、雨の中を走るのは大好きなので。

で、今朝は雨中の桟橋方面を色々と走ってみました。街中RUNは、気付きが多くて飽きません。いや、ホント。

色んな発見があったり、興味深い張り紙を見つけたり。

 

発見したのは竹島川の「起点」。今まで、江ノ口川の終点とか本江田川の終点とか芳原川の終点介良川の終点金谷川の終点などなど、たくさんの川の終点起点を紹介してきた、このにっこり。高知県の河川管理で、その管理する範囲を定めているんだと思う。で、はらみマリーナから少し西へ入ったところにある橋に「竹島川 起点 高知県」と書かれたプレートを発見したのである。あります。

それでは終点もあるはずだ、と、竹島川を深谷の奥まで遡上RUN。でも「終点」は発見できませんでした。

 

その途中、川沿いの大きな栴檀の樹のたもと、小さな祠が祀られてあり、その横に張り紙。

「お金をここに入れないでください。昨年から子供がここのお金をぬすみ、マッチを大量に買い、火をつける事が何度もおこり、警察も知っています。子供達に更にぬすみぐせをつけ、悪い事を又させない様、ここにお金を入れないでください。」

う~ん。考えさせられるね。神様の樹の祠。

考えさせられながら、竹島の痕跡、中堤を走って、ここ。竹島公園。

 

あの大震災から7年目の今年3月11日、高見山のライオン岩から撮影した、命山。正式名称は命山ではないけど、津波の浸水から避難するための人口高台「命山」が、高知で初めて整備されているのであります。あの時、現場に貼られていた工事概要では、あの次の週に完成することになっていた。

だから、今日はその命山のてっぺんから撮影してみよう、と思って雨中ここまで走ってきたんですね。

ところが。まだ、フェンスに囲まれて立ち入り禁止。どうやら、植栽とかの、公園としての体裁を整えているらしい。完成が待ち遠しい「命山」。

 

で、今日は雨。

高知県が整備した防災マップによりますれば、この地点での浸水深は2~3m。7mの高さの「命山」は、十分の高さを備えてます。

しかし、たぶん、長時間水が引くことはないと想定されている、竹島町。こんな雨の日だったら、長時間、雨に打たれながら命山の上に滞在することになるのか。そんなこと考えると、あのてっぺんに屋根、欲しくなってきました。普段から、市民住民があの小山のてっぺんの屋根の下で、風を受けながら寛ぐ。憩う。そんな、場。

人間の想像力には限界があるけど、色んな条件の時に色々と想像してみることは、大切でしょう。雨の中、命山にやって来て。そんなことを思いました。

 

雨中RUN、心地よいし有意義だし、ストレス解消には一番。良い朝だった。


←前日の日記2018年05月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

フッターアクセスメニュー