1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

おいしいものと、皆さんの努力〔5482〕2018/04/19

おいしいものと、皆さんの努力

2018年4月19日(木)晴れ

澄んだ空。こないだうち、黄砂が飛んで来て霞んでいた高知の空も、青く冴え渡る。今日も初夏の陽気になりそうな、そんな空。

高知平野、香長平野の田んぼは、もう、すっかり田植えも終わって一息ついた感があります。農業用水の水路からは、清冽な流れの音が聞こえてくる。薄い緑の水面が広がる風景は、とても美しいですね。大自然、ではなくて、人類の営みとしての美しい風景。

 

写真は、今朝6時前の、会社の西側。美しい水田が広がる、南国市物部。

イネというのは、C3植物。カルビン・ベンソン回路という、地球上の植物としては一番一般的な光合成回路のみで、二酸化炭素を酸素に変える植物が、C3植物。

で、人類の祖先が猿から分岐した700万年前くらいから劇的に増えたのが、C4植物。カルビン・ベンソン回路以外の、維管束とかにある回路でも光合成ができる植物が、C4植物。

700万年前頃に、地球の二酸化炭素濃度が下がり、それに対応する為に、複数の光合成回路を持つC4植物が勢力を伸ばしたのではないか、という説も、あります。

C4植物は、だから、乾燥とか高温に、強い。同じイネ科でも、トウモロコシ、サトウキビ、アワ、ヒエなどなどが、C4植物。おう。焼畑だ。

こういった植物が増えたことと、人類が猿から分岐して進化していった歴史とは、関係ありそうに思いました。でも、ネットで調べても、あんましそんなこと書いてないけど。

C4植物だけだと、人口爆発に至ることはなかった訳ですが、それなりの進化には役立ったと思う。では、爆発的人口増加の一翼を担った穀物、イネやコムギはというと、C3植物。C4植物という簡易に育って強い、しかもエネルギー豊富な植物があってこそ、人類は進化した。その進化があって、C3植物をうまく手なづける技術を身につけ、イネやコムギを栽培して、人口の爆発的増加が促され、富の蓄積の中で、文明が始まり、今に至る。のかな?

 

田んぼの風景を見ると、ああ、C3植物を手なづけた人類の知恵と努力に、敬意を抱くのは、たぶん僕だけだと思います。

ともあれ、美しい春の田んぼ。これからどんどんと緑が濃ゆくなっていき、梅雨が終わる頃には黄金色になって、稲刈り。今朝も食べた、おいしいご飯は、この美しい風景の中のお百姓さんの努力によって、つくられたもの。感謝感謝。

 

左端に見えるトラックは、弊社の大阪便。昨日搾乳し、今朝殺菌充填したばかりの「乳しぼりをした日がわかる低温殺菌牛乳」も、積み込まれてます。6時半には出発し、大阪には昼前。関東行きの荷物はそこで積み替えられ、今晩には、関東。明日の朝には、関東でも関西でも店頭に並ぶ牛乳が、あの左端のトラックに積み込まれているところ。

おいしいおいしい「乳しぼりをした日がわかる低温殺菌牛乳」は、酪農家さんと、そして早朝から工場で働く皆さん、それを運ぶ皆さん、たくさんの皆さんの努力によって、つくられたもの。感謝感謝。


←前日の日記2018年04月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter