おすすめ

今日のにっこりひまわり

万博と大阪と通天閣〔5328〕2017/11/16

万博と大阪と通天閣

2017年11月16日(木)晴れてまんがな

そんな訳で今朝は大阪。堂島川沿いに泊まってました。

大阪、どうやら2025年界隈の万国博覧会誘致に力を入れているようだ。なんとか盛り上げようとする仕掛けが、散見できる大阪市内。

万博の場合、テーマが重要。1970年の大阪万博は「人類の進歩と調和」で、世界中から民俗的資料が集められ、万博後に歴史民族学博物館ができたのはご承知の通り。

あの盛り上がりと、事後処理の潔さ、賢さは、現代の大阪人、真似できるんだろうかといらん心配をしてしまう今日この頃。

 

万博といえばパリ万博。フランス革命100年を記念して1889年に開催されたパリ万博。この万博にあわせてつくられたのが、エッフェル塔。あの美しいエッフェル塔はパリ万博にあわせて建てられた19世紀の世界を代表する構築物。

で、そのエッフェル塔をモデルにして明治45年につくられたのが、初代通天閣と言われてますよね。真相は知らんけど。

現在の通天閣は昭和に建てられた二代目だ。

 

通天閣の真下には新世界。猥雑な大阪を代表する街が広がっている。

通常、高いタワーやビルは、地盤の硬い洪積台地の上につくられるのが一般的。高さもかせげるしね。例えば東京タワー。地理院地図のアナグリフで見てみよう。この十字の場所が、東京タワー。増上寺北側の台地上だ。

例えばアベノハルカス。通天閣に近いアベノハルカスは、上町台地の上に立つ。だから、ビルの高さに台地の高さがプラスされるので、より高く見えるという訳ですな。

 

ところが通天閣は。

そう。上町台地から西へ下った低地につくられた、通天閣。この辺、大阪の思想が垣間見える気がして、楽しいですね。アナグリフでみると、こう

写真は、今朝6時頃の通天閣。御堂筋、堺筋を走ってやって来ました。

通天閣を南に抜け、しばし南下する。ディープ大阪だ。

地下鉄の「動物園前駅」を超えて南下すると、昭和感満載、ディープ大阪感満載の商店街。そこを抜けると、今の日本に残された奇跡の赤線、飛田新地。

全部、上町台地の西側の低地帯にあります。

台地の斜面には天王寺動物園。台地の上にはアベノハルカスが聳え、尾根道にはお寺さんが並ぶ。

大阪の地形と都市の成り立ちを一番体感できるゾーンだね。すごい。

 

上町台地を東へ降りると。鶴橋や桃谷、コリアンタウンなど。そこもやっぱしディープ大阪。

 

そんなに離れてません。台地の上と、台地の下。でも、そこに展開される街の風景のコントラストはすごい。日本一かも知れません。

早朝から楽しむ大阪の地形と都市計画。

 

大阪で商売することを考えたら、大阪の成り立ち、文化、人を知っておかんといけません。そして、そんな文化、人をつくりあげた、地形。


←前日の日記2017年11月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

フッターアクセスメニュー