1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

聳え立つ四国山脈と人々の暮らし〔2178〕2009/04/02

聳え立つ四国山脈と人々の暮らし

2009年4月2日(木)愛媛は晴れぞなもし

ここは愛媛県。車でやって来ました。まだ北風がちくと冷やいですけんど、春の日差しがようやく戻ってきちょります。

高知自動車道から松山自動車道を走り、いよ小松ジャンクションから今治小松道路に入って、今治へ行ってきました。そのまんま行けば、「しまなみ海道」という西瀬戸自動車道を通って本州に渡れます。今治の手前で一旦一般道に降りて、しばらく走ってからまたしまなみ海道に上がります。まだつながっちゃあせんもんですきに、ちくと不便。

しかしあれですね、今治はガソリン、なかなか高いです。

愛媛県内でもこの地域は特別高いがで有名らしいです。高知は今、レギュラー102円ばあですけんど、今治のレギュラーは117円。ビックリしました。しまなみ海道へ行く場合は、だいぶ手前で入れちょかんとコタイます。

今治から松山道へ戻る途中の車窓から、四国山脈を撮影してみました。運転しもってですきに、キレイに写っちょらず、わかりにくいですけんど、瀬戸内側から見た四国山脈は、ものすごい壁のように屹立しちょります。2000m近い山々が、突然聳え立っちょりますきに、まさしく壁。まだ、山の上の方には雪が見えますもんね。

土佐の国はあの壁の向こう側ですきに、あっち側へ行くがは、昔はこぢゃんとハードルが高かったことでしょう。が、民俗学の巨人、宮本常一さんの文章には、よく、あの山中に住む人たちの話が出てきます。あれを読むと、山の暮らしの凄さと、人間の偉大さがよくわかりますね。下手をすれば、その集落から外へ出ずに一生を送ることもあったでしょう。が、世間を知るために、若者が旅をした話しもよく出てきます。

そう言えば、こないだの旧鏡村の集落もそうですが、昔の集落は、かなり山の高いところにあります。道も、空を走っちょります。今みたいに谷底の道路ぢゃあないですね。そんな道が、縦横に村々をつなぎ、老若男女が歩いておったのでありました。

あの四国山脈の壁を見て、昔の人々の暮らし、健脚に思いを馳せてみました。


←前日の日記2009年04月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter