1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

お千代地蔵の御堂が新築されちょりました〔1949〕2008/08/16

お千代地蔵の御堂が新築されちょりました

2008年8月16日(土)晴れ!

今日も暑うございます。今朝は鏡川を遡行してみました。

鏡川橋の上流の土手では、無花果の実が、まだ緑色ながらかなり大きゅうなっちょりました。ここは鉄道の橋が鏡川を渡る所。大きな大きな銀杏の巨木が屹立しちょりまして、その木陰に「おちよ地蔵」という2体並んだお地蔵さんがございます。このにこりでも何度かご紹介しました。

嘉永7年(1854年)2月建立と彫られちゃありますきに、幕末、安政の南海地震の起きるちょっと前。その10年くらい前に、この朝倉界隈が鏡川の氾濫で毎年大変な被害を被るので、人柱をたてよう、ということになりました。

その白羽の矢が立てられたがが13歳の美しい娘お千代さん。病身のお母さんとの二人暮らし。で、お千代さん、お母さんの面倒を、皆さんがしっかりみてくれるなら、という条件で、人柱になることを承知し、犠牲となったのでありました。それでしばらく川は氾濫もなく静かやった訳ですが、いつの間にか村人たちはお千代さんとの約束を忘れ、千代の母はひとし寂しく亡くなったそうです。そんなある年、大雨で鏡川は氾濫し、大変な災害がこの地を襲いました。これはお千代さんとの策即を破ったバチがあたったに違いない、ということで、ここに母娘2体のお地蔵さんを建立し、川の安全を祈願するようになったそうです。鏡川を走るときには、いっつもこの前を通るがですが、こないだうち走りよってビックリしました。こぢゃんとキレイなお堂になっちゅうではありませんか。「お千代地蔵御堂再建有志の会」の皆さんが建てて、毎年7月にやりゆうお祭りに合わせて落成したとのことです。

こうやって、地元の皆さんに尊崇されゆう地元のお地蔵さんや祠がある、ということは素晴らしいこと。いろんな所をたつくりよってつくづくしみじみ思います。


←前日の日記2008年08月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter