1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

ご愛顧に感謝キャンペーン

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

鏡川の彼岸花がきれいです〔1253〕2006/09/20

鏡川の彼岸花がきれいです

2006年9月20日(水)快晴!秋晴れ!

今日は彼岸の入り。お彼岸の中日23日を中心にして7日間がお彼岸の期間とされちょります。で、写真は、今朝の鏡川に咲く彼岸花。この季節、あちらこちらに赤い可憐な花を咲かせちゅう彼岸花。赤だけぢゃのうて、白いやつもあります。

ここは、天神大橋と潮江橋の間の南岸。この土手には桜や夾竹桃、アメリカ梯梧などの木が植えられ、紫陽花やツツジ、カンナ、オシロイバナ、紫御殿などの花を見ることができます。今は結構彼岸花も目立ちますな。

彼岸花は彼岸花科ヒガンバナ属の、中国原産の花。曼珠沙華という美しい名前も持っちょります。

田んぼの周辺に植えられることが多いですね。球根に毒性があるので、ノネズミとかが田んぼの畦に穴を空けるがを防ぐために植えられたとかいう説もあるみたいです。

お彼岸に入りましたので、お墓参りに行かんといかんですね。「お彼岸」は、元々「波羅蜜多」を訳した言葉。般若心経で、「ハンニャ~ハ~ラ~ミ~タ~」とやる、あの波羅蜜多ですな。空海さんゆかりの四国では非常にポピュラーな般若心経。もちろん元来はサンスクリット語で、「パーラーミータ」という言葉。迷いに満ちあふれらこの世「此岸(しがん)」に対応する、悟りが得られた極楽浄土が「彼岸」、パーラミータ。で、日本では、大昔から、先祖を感謝し、彼岸にたどりつけるよう自分を見つめ直して善行を積む仏事として行われてきました。インドや中国にはないそうですな。

お彼岸である浄土は、西方浄土と言われるように西にあります。で、春分の日、秋分の日は、お日様は真西に沈みます。その方向の彼岸を目指す、ということで、この時期がお彼岸になった、という説もあるそうですね。


←前日の日記2006年09月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook instagram