1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

潮江天満宮神池、せみの抜け殻〔103〕2003/07/28

潮江天満宮神池、せみの抜け殻

2003年7月28日(月)曇り時々晴れ

今朝も朝からたくさんの蝉が大合唱大会を繰り広げています。少し涼しいので、窓を全開にして仕事を始めましたが、外の公園から聞こえて来る蝉の声は、人間の会話をかき消してしまう程の迫力です。

今朝も鏡川縁りを遡行してきました。写真は、途中の潮江天満宮にある「神池」の手すりです。よく見てみて下さい。横木の下に、蝉の抜け殻がぶらさがっているのが判りますか?

この池は、以前にも、おたまじゃくしのシーズンに紹介させて頂いた池ですが、今の季節は、そのおたまじゃくしが成長したカエルと、たくさんの、本当にたくさんのカニさんが生活しています。今朝は蝉の抜け殻を見つけましたので、撮影してみました。

蝉は昆虫ですね。昆虫が地球上に現れたのは、生物が海から陸上への進出を果たしてすぐのデボン紀の頃と言われております。約4億年前ですね。原始的な昆虫には羽がなく、ピョンピョンと跳び回っていたようです。トビムシは、その頃のまんまの姿で、今も繁栄しています。昆虫は見事に多様化し、地球上の生命体としてまれに見る成功をおさめた生き物と言えますね。


←前日の日記2003年07月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter