1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

鏡川をにぎやかに彩る「鴨」の群れ〔1017〕2006/01/27

鏡川をにぎやかに彩る「鴨」の群れ

2006年1月27日(金)快晴!お見事!

今朝も素晴らしいお天気。冷え込みもそこそこで、良い朝になりました。

ここはいつもの鏡川、潮江橋北詰の東側から撮影してみました。五台山の向こうにきれいな朝日が昇ります。一番手前の橋が雑喉場(ざこば)橋。その向こうの水道橋のアーチが五台山の稜線にオーバーラップしちょります。

この雑喉場橋の北側に、藩政期、雑喉場があったがです。関東で言うところの「魚河岸」。関西では雑喉場と言うことが多いようで、有名なのは大阪の雑喉場。雑喉場橋という橋も大阪にあったみたいですね。

鏡川の雑喉場橋は、藩政期にはもちろん無く、ここに渡しがあったそうです。対岸の、潮江新田へは、ここから渡し舟で渡りよった訳ですな。

今の季節、ご覧の様に鴨がどっしこ。川面にはホントにたくさんの鴨がやって来て、忙しそうに食事をしよります。鴨というのは種類が色々あって、素人には全然判らんですな。鏡川の鴨でも、いろんなデザインのやつが居ります。

で、「鴨」と「アヒル」と「合鴨」の区別、知っちょります?

「鴨」は、野生の渡り鳥で、お肉はちょっと固め。ネギ背負ってやってくるそうです。「アヒル」は、一般に、鴨を改良して家畜化したやつを、こう呼びます。したがいましてお肉は柔らかく、ネギ背負ってやって来て欲しいのはこちら。代表的な「アヒル」は北京ダックですね。「合鴨」は、アヒルと野生の鴨を交配させたもの。巷の「鴨料理」は、ほとんどがこの「合鴨」を使うちゅうみたいです。

どちらにしましても、この美しい写真の鴨は、間違いなく野生の渡り鳥「鴨」。お肉は固いそうですきに、この景色のなかで賑やかに戯れる姿を楽しむことに致しましょう。


←前日の日記2006年01月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter