1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

五台山からの夜景、伊達兵部さん、県立図書館〔902〕2005/10/04

五台山からの夜景、伊達兵部さん、県立図書館

2005年10月4日(火)曇り

今朝はトウから五台山。5時に自宅を出発、若松町を抜け、青柳橋を渡って、一気に五台山を駆け上がります。まだ、真っ暗いので、山中は、さすがに人影もなかったですな。

で、写真は、頂上の展望台から市内方面を撮影したもの。こないだ、9月24日のにっこりひまわりと、ほぼ同じアングルでございます。見比べて頂ければ、わかりやすいと思います。夜明け前の市街地は、まだまだ静かです。

五台山には、伊達兵部さんのお墓があります。伊達兵部さんは、昔NHKの大河ドラマにもなった山本周五郎先生の名作「樅の木は残った」で、伊達騒動の張本人、悪役として登場した伊達政宗の十男。

伊達家はなんとかおとり潰しにはならず、伊達兵部さんは土佐藩預かりの蟄居の身となったのであります。新屋敷で、500俵の扶持を受けながら8年を過ごし、この地で没したのでありますが、その際には幕府から検死役人がやって来たそうで、最期まで監視の目にさらされちょったことがようわかります。

こないだ、高知県立図書館の館長さんとお話する機会がありました。この館長さん、ひまわり太郎よりずっと若く、千葉県浦安の図書館職員やったのを、高知の県立図書館長にヘッドハンティングされて来たという人物。市立図書館の、管理職でもない職員がいきなり県立図書館長というのは、ちょっと例が無いそうです。それだけのことはあって、なかなかの人物。一緒に飲みながら、「樅の木は残った」の主人公原田甲斐の行動の真相、隠された謎、などなどについて楽しいお話をさせて頂いたので、五台山に眠る伊達兵部さんのことを思い出したのでありました。


←前日の日記2005年10月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter