1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

40年の時空を超えて〔6995〕2022/06/10

40年の時空を超えて

2022年6月10日(金)晴れ

そんな訳で、今日は東京。なかなか人の多い東京。これからまた、海外からの観光客さんを受け入れるとのことなので、もっともっと増えてくるんでしょうな。高知からやって来ると、その人の多さに酔うてしまいます。

 

さて。今朝は、早朝からここへ行ってきました。ここは、中野区上高田。西武新宿線の新井薬師前駅から南へ徒歩5分の住宅地。ここに、僕は住んでました。大学3年生4年生の時ね。なのでもう40年前のこと。そう。40年も経ってしまった。

大学1年生2年生の時に住んでた下宿家は、以前紹介したことあります。その下宿も中野区上高田で、今朝も確認してきたけど、当時のまんま残ってました。「垣根の垣根の曲がり角」を曲がって数十メートル行ったところにある、下宿。今はもう下宿やってる雰囲気はなかったけど、建物は健在。

僕より17歳上の従兄弟が、僕と同じ大学へ通っていた頃にも住んでた下宿なので、なかなか古い。当時既に古かったのに、あれから40年。健在。

 

で、大学3年4年時に住んでたアパートも、奇跡のように健在でした。この右手の木造モルタル二階建。いやね。このアパートも、当時も既に結構古い建物でした。それがそれから40年。周囲の風景をご覧ください。周囲の建物は、ほとんど全部、変わってしまいました。新しいマンションなどが立ち並んでます。その、新しくて洒落たマンションや住居に挟まれ、そこだけ時間の流れが止まっているかのような昭和の佇まい。

僕が住んでたのは、2階の、向こう側の部屋。今は雨戸が閉まってるので、誰も住んでないみたい。4畳半で、小さな小さな流し台が付いてました。電柱の左側の、茶色い引き戸を開けると狭い沓脱があり、その右手に狭い狭い共同便所。左はすぐに階段になってて、2階へ上がって左手が僕の部屋。懐かしいねー。

 

1年2年のときに住んでたのはいわゆる「下宿家」で、台所もない、電話は大家さん呼び出しの、当時としてももう珍しい形態でした。今はもう、ない形態。

この3年4年のときのアパートは普通のアパートやけど、こんな感じの四畳半ってのも、今はもう少ないんでしょうねー。ワンルームマンションとかより住みやすいのにね。

 

東京の、どんどんと変わってゆく、劇的に変化していく風景の中で、時空の歪みのように残されたこの建物は、僕を40年前に引き戻してくれるタイムマシン。

近所の、今はもうない銭湯に通い、帰りがけに居酒屋で「必殺仕事人」を観ながらビールを飲んだあの頃。この玄関脇に置かせてもらった古い自転車で、中野の居酒屋へバイトに通ったあの頃。

 

新井薬師前駅が最寄駅のくせに、一度も新井薬師さんにお参りしたことないという事実に気付いて、今朝、参詣してきました。つまりあの頃は、地形とか歴史とかにはまったく興味がなかった訳やね。40年という歳月は、趣味や考え方もすっかりと変えてしまいます。

変えてしまったのに、ここだけは変わらないのが、少し嬉しい。


←前日の日記2022年06月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter