1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

鉄道の未来〔6991〕2022/06/06

鉄道の未来

2022年6月6日(月)雨のち晴れ、今は曇り

出勤してきた朝3時頃は、まだしっかりと降ってました。夜明けとともに雨は上がり、予報では昼頃から晴れ。木曜頃まで晴れて、どうやら梅雨入りは来週になりそうですね。少しでも晴れて暑い日が続いて欲しい、酪農業界。

 

写真は、会社裏手の土手上から撮影した、土佐くろしお鉄道ごめんなはり線の一番列車。最後のAB線として建設され、今は第三セクターで運営されている鉄道。このコロナで、ただでさえ大変な運営が、更に厳しくなっています。JR四国ですら、全線赤字と言いますきんね。地方が存在してこその日本の国土、という認識があるならば、そろそろ公共交通のありかたも、考えんといかん時期にきていると思います。

 

結果論かも知れんけど、地域間格差を大きく広げた要因のひとつが、国鉄の「分割」民営化だったのは間違いない。まあ、民営化については、諸々の意見はあるだろうけども、サービス向上など、一定の効果はあったんだと思います。不採算路線が切り捨てられて、こういった第三セクター路線がたくさんできたのは別として。

問題は「分割」。なんで分割したんだろう。

ウィキとか、当時の議論を見てみたらこう書いてある。

「1つの会社の経営規模を小さくして地域密着を図るため」

なるほど。字面だけ読み流すと、なんとなく納得してしまいそうな、よく使われる手法の文章だ。でも、鉄道の地域密着ってなんだろう、とよく考えたら、これほどわかりにくい表現も、ない。と、思いました。で、結果的に、どうなったのか。

JR東日本とかJR東海とか、経営規模が小さくて地域に密着してるのか?と思ってしまうのは僕だけではないでしょう。経営理念に「地域密着」があるのかどうなのか、見てみたいね。

そして、北海道や四国は、弱い経営基盤だけを引き継がされ、国に「なんとかしてください」と申し上げて媚を売る、弱い弱い立場になってしまった、と言うたら言い過ぎでしょうかねー。

 

もし、分割されていなかったら、どんな国土になっていたのかは、わかりません。どっかのファンドとかが株を買って、不採算路線は切り捨てろ、と騒いだかも知れんしね。でも、そこは、公共交通としてのやり方もあっただろうし、日本全体で採算不採算のバランスを取ることもできたと思う。

今からでも遅くない。日本の交通インフラを、全体で考えること。それができたら、未来が変わる。

少なくとも、南風に乗ったら、児島岡山間だけ、JR西日本の乗務員に交替する、みたいな効率の悪いことはなくなるし、事業会社を跨いだ長距離の企画列車も登場するし、超長距離の寝台列車も復活するかも知れんよね。時刻表小僧の血が騒ぐ。

 

騒いでる場合ではなくて、月曜日。さあ、今日も目の前の仕事を始めよう!


←前日の日記2022年06月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter