1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

発動機マニアは高知にも〔6816〕2021/12/13

発動機マニアは高知にも

2021年12月13日(月)晴れ!

冬至も近づき、夜が明けるのが遅くなりました。土佐くろしお鉄道の1番列車は、6時半前、まだ暗い空の下。明るく輝きながら弊社の敷地に挟まれた高架を走り過ぎてゆく。

その汽車の手前には弊社の工場の建物。あの建物には、コンプレッサーが並び、予備のモートルなどの機械類が置いてあります。コンプレッサーとは、エアー、つまり圧縮空気をつくる機械。充填機など、弊社使用の機械類の多くは、エアーで稼働します。なので、とても重要な役割を果たすコンプレッサー。

 

今はインバーター制御の、効率の良いコンプレッサーが使われております。が、昔は、ディーゼル駆動や石油駆動の発動機が使われていたそうです。そう。今日も発動機の話。

昨日、沢田マンションの発動機のこと、書きました。そしてYou Tubeで見ることのできる発動機マニア達の動画のことも。

すると。幾分予想はしておったのですが、潮江の素敵な農家さん、Kさんから、高知でも発動機の運転会やっているよ、との情報を頂戴しました。さすが、Kさん。

 

情報を頂いたのは、越知町での発動機運転会のこと。どうやら、あのコスモス祭りで有名な宮ノ前公園で、毎年繰り広げられていると思われるのでした。そこでYouTubeで、「高知県 発動機 愛好家」で検索してみると、出てくる出てくる。こういう世界があったのね。なんとなくそのメンタリティは理解できるけど、実際、どんなところに魅力があるのか、と調べてみると、こんなページがありました。新潟県発動機研究所という組織の方を紹介したページ。なるほど、という感じですねー。

で、どうやら、発動機愛好家組織は、全国にあるようです。検索しても、全国各地の愛好家団体による運転会の動画がたくさん出てきます。かなり広いコミュニティが形成されてるようですな。いやー、世の中知らないことだらけ。

あの、まさに「機械」という感じが良いんでしょうね。収集した発動機で何かの仕事をする、という訳ではなくて、ただ、動かして匂いや音やメカを楽しむ。ロマンやねー。

奥さんに呆れられながら、もしかしたら「おおの、朝からやかましい」と詰られながらも、いそいそと試運転し、運転会へ出掛けていく姿が目に浮かぶ。ロマンやねー。

 

こういう、一見意味のないように見える世界に浸ることの素敵さよ。

 

昔、母の実家があった浦戸と種崎の間を結んでいた小さな船。あれを、僕らはポンポン船と呼んでたけども、たぶん焼玉エンジンがポンポン音をたててたからポンポン船。あれも、発動機がたてる音だったんでありましょう。戦前、愛宕にあった乳処理場や、戦後、南与力町にできた工場にも、発動機があって、賑やかな音をたてていたんでしょうね。

今のコンプレッサーはとても静か。朝の静寂の中、一番列車が走ってゆく。


←前日の日記2021年12月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter