1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

なんと無料!〔6749〕2021/10/07

なんと無料!

2021年10月7日(木)晴れ

こないだ、コロナ打撃のとさでん交通は県民みんなの重要な足なので、みんなで支えて考える仕組みが必要だろう、てなこと、エラげに書きました。僕個人ではなにもできんくせに、偉そうに書いてしまったのでした。

そうしたところ。高知へ帰ってきて昨日の高知新聞読んだら、高知市が、なかなか頑張った政策を打ち出ししてました。高知市にしては、なかなかのGood Job。11月から1月までの3ヶ月間、日祝の路線バス、電車の運賃を、高知市が肩代わりして無料にする、というもの。しかも、高知市発着なら高知市以外を走っててもかまん、ということ。もう一度言おう。Good Job。

 

公共交通機関というのは「公共」と付いてるだけあって、公共で支えていかんといかんもの。それがないと、この時代、地域間格差はどんどん広がり、地方から人は居なくなる。

都会に住む人たちは、地方に人が住んでなくても自分たちには関係なくて、逆に、何で都市住民が地方の赤字を負担せんといかんのだ、と言うてたりする、現実。

でもね。

都市部住民だけで、この国や、この地球が成り立つ訳も、ない。特に、広い国土と自然環境、多様な文化や経済が広がる日本に於いて、地方が成り立たなくなることが、そのまま日本の国力を損なうことになるということが、どうして解らんのでしょうかね。この話しだすと止まらんなるけど、ホントに、どうして解らんのだろう。

そもそも、政策を決めている人たちは、都会で政策決めてるしね。目の前のこと、今のこと、自分のこと。それを優先すると、必然的に今のような社会になってしまうのだと、思う。

将来、未来の人類のことを真剣に考えた真鍋さんがノーベル賞、新宮村出身でノーベル賞、米国で研究してノーベル賞、というのも、なにか重要な意味があるのではないか、とも思う。

 

電車、バスの話でした。

今回は、高知市の英断の話。これって、本当は県がやらんといかんのではないですかね。本当に大変なのは、山間部の公共交通だと思うから。

僕も、今まで、過疎地の公共交通は行政が支えていくべき性質のものだ、と言うてきたけど、全部肩代わりして無料、というのは面白い。

この国の、地域間格差が拡大して地方が疲弊し、地方から人が居なくなっていく現実、地方には高齢者しか住まなくなっていく現実に鑑みて、公共交通の無料化は、面白いと思いました。

いっそのこと、県を挙げて、未来の国土、社会のありようを考える社会実験にすればいいのに。道路をつくって自動運転、というのもいいけど、公共交通の無料化はもっと影響力が大きいのではないか。いや、財源の話は、考えてません。朝っぱらからの妄想です。

 

でも、11月から1月のせっかくの試み。これに乗っからん手はないねー。今から、あちこち、行くこと想像して楽しんでます。

高知市、Good Job!


←前日の日記2021年10月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter