1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

二丁目の変遷〔6668〕2021/07/18

二丁目の変遷

2021年7月18日(日)小雨

梅雨明けしてない高知。関東も東北も梅雨明けしたのに、高知は今日も雨。日曜日に雨なのはもったいないけどね。でも僕は雨の中をたつくるのが好きなので、早朝自転車を楽しんできました。

 

今朝はね。高知市内。高知駅の北を西進して中水道、宝町、そして福井から奥福井へ。陰影起伏図で見るとこんな感じの場所で、うねうねしてて自然が残り、そこの迷路のような場所に家々が建つ。素敵な風景やねー。そこから旭天神町の方へ下り、浄水場から旭上町、そしてラビリンス旭。

旭駅前の東側は、区画整理とかで見るも無惨な広い土地が出現してました。あの、有名駄菓子屋「いかちゃんく」も、もう無い。

それでもその他の地域の路地は健在で、自転車で、雨の中、うろうろうろうろ堪能。

 

で、高知城周辺に戻って帯屋町。

ここは帯屋町二丁目。随分と変わりました。帯屋町二丁目。

僕らが子供の頃は、大きな町田病院があって、その前に金物屋さんや衣料品店、レコード屋さんなどが並ぶ商店街だった。町田病院が移転した後に、ショッパーズプラザができたのは、いつ頃やったろうか。ダイエーがちゃがまって、ショッパーズが閉店し、アーケードに巨大な空き店舗バリケードができて、それがしばらく続いたねー。中心商店街の中で、二丁目の寂れ方が酷かった時代。バリケード時代と呼ぼう。

そして、やっとその跡地利用が進み、できあがったチェントロ。金高堂さんが入居し、上は商業施設やマンション。

二丁目が、変わりました。

で、その西隣に、追手前小学校1年2組のときからの同級生O君が、文具屋さん兼住居だった建物を壊してビルを建て、1階と2階がスタバに。そして追手前小学校跡地にはオーテピア。

ひろめ市場も近くて、中心商店街の賑わいが一気に二丁目に寄ってきました。10年前を考えると隔世の感。O君に敬意を表してスタバ時代と呼ぼう。

 

この左手、建設中のビルの1階では、そのO君が、フランチャイズの食パン屋さんをやることになってます。10月オープン。

この右側、少し向こう側では、高知市内で何軒かの居酒屋を経営する同い年の友人I君が、新しいスタイルの居酒屋を準備してます。来月オープン

 

コロナ禍中やけど、みんな頑張ってます。

誰かが「変化するものだけが生き残る」とか言うてたけど、やはり変化は重要。そして更に重要なのは、その変化の方向性。都市計画は、思想。

街が良い方向に向かっていくことを祈る朝。


←前日の日記2021年07月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter