1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

新聞に山中賞〔6664〕2021/07/14

新聞に山中賞

2021年7月14日(水)晴れ!

もう梅雨明けでしょうか。夏の日差しが朝からギラギラ。梅雨と夏の話は、また書くけども、今朝は山中賞の話。当然、というか、やっと、というかTSUTAYA中万々店のスーパー書店員、山中さんのことが、高知新聞で記事になってました。まあ、既に有名ですきんね、山中さん。この記事にも「高知にすごい書店員がいる、と他県でも話題にな」ってると書かれてるくらいの山中さん。

そう言えば、ちょっとTSUTAYA中万々店に行ってない間に、第5回山中賞が発表されてたみたい。早速行ってみんといけません。

 

また、TSUTAYA中万々店さん、弊社のオリジナルグッズも販売してくれてます。リープルTシャツとかキーホルダーとか、諸々。

ゆっくりと楽しめる本屋さんなので、ぜひ、機会があれば行ってみてください。僕は、迂闊にも、そんな本屋さんがあること、2019年5月まで、知りませんでした。いや、TSUTAYA中万々店があることは知ってたけど、行ったことありませんでした。

2019年5月、山中さんからお誘い頂いて、「ブラタモリ裏トーク」というのをやらして頂いたんですね。ブラタモリ高知編が書籍になったので、その出版を記念して。

その際、初めて店内をゆっくりと廻って、これはすごい、と思ったのでした。

 

今朝の記事にもあるように、山中賞が始まったのは2019年7月。だから、あの時にはまだ、山中賞はありませんでした。丁度、準備してた頃でしょうかねー。

 

今日の見出しは「書店員の文学賞の注目」。確かに山中賞という発想は、素晴らしい。素晴らしいけど、この山中賞は、山中さんが取り組んでいる様々なことの一つでしか、ありません。

店内へ入ってみて、まず目につくのは、夥しい手作りのポップ広告。そして独特のディスプレイ。ポップは、その本に対する愛情が溢れてて、購買意欲をそそる。

企画もおもしろくて、例えば、わざわざ、TSUTAYA中万々店で一冊も売れなかった本をまとめてコーナーにして売ってみたり。ああ。なんか説明が難しいぞよ。僕の文章力では、お店の魅力を伝えきれんので、まあ、一度行ってみて下さいね。

 

山中賞は、山中さんがこの半年に読んだ翻訳書も含む新刊本。たぶん、小説。

僕も実は、ひまわり文庫大賞を年末に発表してるけど、かなり偏ってます。どうでもいいですか?

 

本屋さん。

TSUTAYA中万々店のような、書店員さんの、本が好きで好きでたまらない、という愛が溢れる本屋さん。

なんでも品揃えのする、巨大本屋さん。

小さな小さな、店主さんの好みが溢れ出る街の本屋さん

 

最近TSUTAYA中万々店に行けてなかったのは、須崎にできた素敵な小さな本屋さん「書肆 織平庵」で買ってきた本がいっぱいあって、それを読むのに忙しかったから。まだ読んでない本、読みかけの本もあるけど、それはそれとして、早速、TSUTAYA中万々店にも行ってみます。

第5回山中賞は見逃せない。


←前日の日記2021年07月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter