1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

UMA〔6609〕2021/05/20

UMA

2021年5月20日(木)雨

よく降ります。梅雨ですきんね。

昨日、UFO、ユーエフオー、ユーフォーについて書きました。「謎の円盤ユーエフオー」、思い出しましたか?

 

UFOで思い浮かべるのはUMA。時々、ネットとかでも見かけるUMA。未確認生物。UFOはキチンとした英語表現で、その読み方が英語圏と日本で違っている、という話でした。しかしUMA。UMAは、完全な和製英語なんだそう。UFOから思いついて、誰かがUnidentified Mysterious AnimalということでUMAと名付けたとのこと。読み方は「ウーマ」。なるほど。ユーフォーに対抗してウーマか。「未確認生物」をアマゾンで検索すると、こんだけでてくる。すごい。買うのはちょっと、やけど、こんど図書館で見てみよう。

 

では英語では未確認生物のことをなんと呼ぶかというと、Cryptid。と、ウィキに書いてあるけども真相は知りません。でですね、ウィキには「未確認生物一覧」という項目が立ってます。こんなにあるんだ。

代表的なのはネッシーやけど、同じようなのが日本にどっさりあったね、そう言えば、ありました。

アッシー(芦ノ湖)

カッシー(花月川)

トッシー(洞爺湖)

ハッシー(羽島市の長良川)

ヒッシー(日比谷公園の池)

モッシー(本栖湖)

と、あります(五十音順)。なんという安直なネーミングセンス。いや、日比谷公園の池のヒッシーって、やりすぎやろ。

 

日本での代表的なUMAといえば、河童でしょうかね。これからの季節、活動が活発になると思われる河童。高知ではちょいと姿を変えて「しばてん」になったり「えんこう」になったりします。「えんこう」は「猿猴」。森下雨村の「猿猴川に死す」は名著やね。

 

ここは南国市前浜の後川。前浜、浜改田の浜堤の北側を西から東へ流れて物部川の河口へ流れ込む、後川。ここでは、毎年6月の第一土曜日、「えんこう祭り」が開催されます。南国市観光協会のHPでは、こんな感じで紹介されてます。後川に生える菖蒲を刈り取って棚をつくり、キュウリや酒をお供えするお祭り。と、なんだか静かで地味なかわいい祭りに描かれてるけど、実態は違う。違います。

各地区の、後川に架かる橋を中心にして、盛大に花火が行われます。地区の数だけ、何箇所もの橋の上で。そして子供たちが花火に興じる訳やけども、それはまるで「地区対抗花火くらしあい大会」。橋には(市販の)打ち上げ花火の発射台がしつらえられてて、ボンボンと打ってるし、手に持てるような打ち上げ花火は手に持って、敵?の地区を襲撃する。そんな、子供の楽園のようなお祭りが、「えんこう祭り」でした。

今はどんなになっちゅうでしょうか。時代が変わって、あんまし危険なことはできんなっているかも知れんけど、浜の子には、そういうDNAはしっかりと受け継がれていっていると期待したい。見に行ったのは、丁度10年前のことでした。

 

あれだけ派手に花火をポンポンやったら、猿猴も逃げるでしょうねー。

ところがここにあるように、今年は中止。コロナでしょうね。コロナ禍中、猿猴やUMAは、どう過ごしているのだろう。また、えんこう祭り、見に行きたい。


←前日の日記2021年05月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter