1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

朝靄の土地〔6597〕2021/05/08

朝靄の土地

2021年5月8日(土)晴れ

連休が終わったと思うたら、はやくも土曜日。仕事、してますか?

今朝は自転車で会社。土曜で、少し遅めの出勤。正面から朝日が昇る。靄の中から朝日が昇る。

そう。今朝はかなり霧がでてました。昨日雨やったですきんね。雨上がりの朝、この南国市伊達野から住吉野、西野々にかけての界隈は、いつも濃い霧がたちこめて美しい風景になりますね。南に鉢伏山から連なる向山、北に船岡山、吾岡山があるからでしょうか。

緑が濃くなり始めた田んぼの向こう、靄の向こうにお日様がポツン。

 

ここは、地理院地図で見たらこの十字の場所。この界隈の田植えは早いですね。で、地名に「野」がつく、という意味を考えてみました。伊達野、住吉野、西野々。そうそう、伊達野の西は介良野やし。

今はこんなに美しい田んぼが広がるけども、ひょっとしたら昔は田んぼではなかったのか。田んぼには適していない土地で、野っぱらだったから「野」がついてるのかどうなのか。どうなんでしょうかね。

野市は、更新世段丘で田んぼには適しておらず、野中兼山さんによって灌漑されてから豊かになって、「野」に市が立つようになったから野市、と聞いたこと、あります。

 

では、ここの地盤はどうなっているのか。

地理院地図、またまた進化してます。これ。「地形分類」。自然地形と人工地形が色分けされてまして、そこをクリックすると、その土地の説明が表示されるという優れもの。すごいぞ、国土地理院。こうやって見て見ると、この、南と北を山に挟まれた土地は、氾濫平野と旧河道。青いのが旧河道で、黄緑色が氾濫平野ですきんね。

つまり。これで考えられることは、ここはかなり水気の多い土地だったということ。それが原因なのかどうなのか、古代には田んぼがつくられなかった土地なのかどうなのか。

現在の田んぼの形状が、かなり歪な形なのは、そのそもそもの地形によるものだ、ということは、わかるけど。

 

雨上がりの朝、ここに霧が立ち込めるのは、山に挟まれているという地形条件だけではなく、地下を伏流水が流れる水気の多い土地だから、ということが言えるのかどうなのか。

 

いろんなこと考えながら、朝靄の中、朝日に向かってペダルを漕いできました。地理院地図さん、頑張って仕事してます。僕も頑張って仕事仕事。


←前日の日記2021年05月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter