1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

第4回山中賞〔6516〕2021/02/16

第4回山中賞

2021年2月16日(火)晴れ

それにしても昨日は春でした。明け方近くまでは雨やったけど、そこから晴れて気温がどんどんと上がってポカポカ陽気。高知市では、お昼前に21.4℃。地震がちょっと心配やけど、気温と地震には相関関係は認められません。地球はベキ乗則で動くから。ベキ乗則で動くけど、その動くきっかけは、予測できないもの。なにがきっかけになるのかは、わからない。

だから、北の方で太平洋プレートが北米プレートに沈み込んで反発したのが、南でフィリピン海プレートがユーラシアプレートに沈み込んで反発するきっかけにならないとは断言できん訳で、地球はなかなか難しい。人類にできることは、対策して、備えて、折り合いつけていくことだけ。

 

ところで。以前、TSUTAYA中万々店さんの「山中賞」について書いたの覚えてますでしょうか。本が好きで好きでたまらない書店員、山中さんが、自分がとても感動した小説に、自分の名前を冠する賞を与えているという話。山中賞。第3回山中賞の受賞作品が「ザリガニの鳴くところ」でした。感動の物語。

で、今、TSUTAYA中万々店さんでは、第4回山中賞が発表されております。

これ。太田愛さんの「彼らは世界にはなればなれに立っている」。

架空の街で展開される寓話のようなストーリー。でもこれ、現代社会を極端にデフォルメしたものだと、わかります。そして読者に息をつかせない展開は、さすがさすがの太田愛。山中さんにとって太田愛さんは大好きな作家さんらしく、TSUTAYA中万々店さんでも、魅力的に紹介されてます。ので、僕もそれにつられて「犯罪者」とか「幻夏」とか、読みました。山中さんに紹介されてなかったら、まだ馴染みがなかったと思われる太田愛さん。

その最新作「彼らは世界にはなればなれに立っている」に対する山中さんの思い入れは、第4回の発表前から、愛情溢れる手書きPOPの数々によって伝わってきてました。だから、山中賞に選ばれたものムベなるかな。

 

ものを売る、ということと、ものが好きになる、ということ。

自分で、本気で、心の底からすごい、と思える商品を売る。それは、熱い想いを溢れさせる、ということ。溢れた想いは、伝わります。ものを売る際に、営業の基本動作とかテクニックとか、色々あります。でも、何より強いのは、その商品にたいする熱い想い。その想いが相手に伝わると、「なんかようわからんけど、どうやらすごい商品らしいね、これ」となる訳で、それが営業職で一番大事なことやないかと思う僕にとって、山中さんのやってることは、まさにツボだったりするんですね。

 

いつもの山中賞と同じく、お手紙付き。お手紙には山中さんの、この本に対する想いが綴られています。そして目立つ「帯」。本の「帯」って、こういう使われ方もアリですよね。こないだ「帯」を書いた感想としては、想いを伝えるのって、なかなか難しいということ。

でも山中さんの想いは、十分に伝わってます。十分過ぎるほどに。


←前日の日記2021年02月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter