1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

夜空の国際宇宙ステーション〔6403〕2020/10/26

夜空の国際宇宙ステーション

2020年10月26日(月)晴れ

月曜の朝。秋晴れ。心地よい一週間が始まります。

そんな朝、会社の近所の物部川橋東詰から北の空を撮影してみました。目的はISS。ISぢゃないよ、ISS。国際宇宙ステーション。弊社は、日本の企業の中でも数少ない、国際宇宙ステーションに関係する会社なのであります。そう。乳酸菌を、国際宇宙ステーションへ飛ばして滞在させ、帰還させた実績があるのであるのはご承知の通り。

 

それは2006年のことでした

ウィキ見てみると、ISSは、1998年に宇宙での組み立てが開始され、完成したのは2011年と書いてます。だから、僕らの乳酸菌が行ったときは、まだ建設途中だった、という訳か。まあ、ああいった施設なので、随時順次、ユニットが取り付けられていったのでありましょう。日本のユニットは「きぼう」。若田さんなど、たくさんの宇宙飛行士が滞在したので有名な「きぼう」。

 

その「きぼう」のホームページから、ISSがいつどこで見られるか、わかるようになっております。昨日、偶然、今日の朝見られることに気付いたので、さきほど橋まで行って撮影してきた訳ですな。

わかりますでしょうか。ISS。2020年10月26日、見え始めが5時22分30秒で、見え終わりが5時24分30秒。北西から北へ、低い空を飛んでゆくことになってました。

物部川橋東詰から、シャッタースピードを8秒にして、撮影。見事に撮影に成功しました。ちょっと、嬉しい。低い空を左から右へ。黒板にチョークで線を引いたみたいに、ISS。あそこに宇宙飛行士が乗って、活動してると思うと、なかなか感慨深いもの、あります。

そう言えば、JAXAは、今、宇宙飛行士募集してますね。若田光一さんのコメントとともに、こんな資料が発表されてました。

「前回の応募条件」というのがあって、11の条件が記載されてますな。残念なことに、僕は、(1)の日本国籍と(10)の普通自動車免許くらいしか該当せんので、宇宙飛行士にはなれません。

 

仕方ないので、こうやって見上げて眺めるだけで、我慢します。でも、宇宙へ行って帰ってきた乳酸菌は、今も植え継いで保存してるので、いつでも「宇宙を旅した乳酸菌」を利用することができる、ひまわり乳業なのであります。

 

宇宙ステーションって、僕らが子供の頃に想像してたのはドーナツ型やったっすよね。「2001年宇宙の旅」もそうやったし。遠心力で、重力があるみたいにしてたやつ。

あれって、どうなったんだろう。2001年、つまり今から19年前には実現してた筈なのに。

子供の頃に思い描いてた未来と、現実の格差。例えばスマホとかネットとかの環境は、想像を超える発展を見せてるけど、ドーナツ型の宇宙ステーションや宇宙移民、そして空飛ぶ車は、まだ実現していない。ちなみにGoogleストリートビューでISSの内部が見れるけど、「2001年宇宙の旅」とはえらい違いや。

 

ポストISSって、 どうなってるんだろう。と、検索してみたら、こんなページがありました。なるほど。月周回の有人ステーションを建設し、月や火星へ人類の活動領域を拡大していくステップとする、ということらしい。僕らが子供の頃の想像では、とっくの昔に実現してた未来やけど、やっと、動き始めるのか。

 

そんな未来を想像しつつ、未明の空に宇宙ステーションを見上げながら、1週間が始まります。宇宙もいいけど、仕事仕事。


←前日の日記2020年10月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter