1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

時間旅行〔6217〕2020/04/23

時間旅行

2020年4月23日(木)晴れ

物部川では、東部自動車道の工事が進んでいます。場所は、ここ

この対岸、上岡八幡宮さんの前で、ここに道路ができることに気付いたのが丁度4年前。2016年5月2日。田んぼに赤い三角旗が立てられてて、それが道路の縄張りであることに初めて気付きました。爾来4年。

工事は、物部川橋梁まで進んでます。速いのか遅いのか知らんけど。とにかく工事は進み、ここに橋が架かり、近いうちに高速道路が通る日が、やってきます。

 

対岸、上岡山の向こうに三宝山。

この写真の左端には、物部川を横切る石の列。

幾度か書いてきたけど、あの石列、地面から生えてます。石灰岩の露出。三宝山と稲生の石灰山をつなぐ線上にあるのが、あの石列。地理院地図の地質図を見ると、よくわかるよね。色の部分をクリックすると、その地質の説明が出てくるけど、青い部分が、ペルム紀からジュラ紀にかけての海成層で石灰岩層であること、わかります。

 

秩父セメント。武甲山。石灰岩。

埼玉県の秩父は、武甲山を中心として、良質の石灰岩が産出されるので有名ね。有名です。実は、この物部川の石列は、秩父とつながっているのでありました。

秩父帯。太平洋のはるか南で形成された礁。火山の噴火、隆起で海面近くに形成されたサンゴ礁とかが、フィリピン海プレートに乗っかって、北上しました。そして南海トラフで沈み込む。その際、陸側プレートに、そのサンゴ礁の化石がくっつき、付加し、ムリムリっという感じで盛り上がって地上に露出する。それが九州から秩父までつながる長い長い石灰岩層をつくりあげ、埼玉の武甲山や高知の鳥形山があんな形になり、秩父セメントが隆盛し、稲生が石灰山になって、入交産業さんが発展したのでありました。

 

あの石列が埼玉秩父までつながっていると思うと、なかなか感慨深いですね。そして、その石列は、1億年2億年かけて、はるか南の太平洋から運ばれてきたもの。

地理院地図は、僕らを時間旅行に誘う。

 

億年単位の時間旅行は、シームレス地質図

現代~数万年~数百万年の時間旅行は、土地条件図治水地形分類図活断層図

数十年の時間旅行は、航空写真

そのほかにも、たくさんの機能がある地理院地図は、無料。

どこにもでかけられない今、旅行するなら地理院地図か、Googleマップです。

 

石灰岩やチャートは、太古の昔の生き物の化石ですが、ウィルスにも化石と呼ばれるものがあるの、ご存知ででしょうか。

ヒトのゲノムを解析すると、過去、体内に入り込んできたウィルスがわかるんだそう。それをウィルス化石と呼ぶそうだけども、4000万年~6000万年前に入り込んだウィルス化石も発見されてるんだそう。恐竜が絶滅し、隠れて生きてた小さな哺乳類が、やっと大きく時代。

ウィルスって、なんだろう。ウィルスの研究=生物に害悪を与えるウィルスの研究、ということで進んできたけど、実は、圧倒的多数のウィルスは、生物と共存共生の関係にあるらしいことも、やっと、わかってきてます。

 

つまり、我々は、ウィルスについて、ほとんど知らない。

善玉?のウィルスも含めて、どういう成り立ちで、どんな起源でウィルスが地球上に現れ、生物とどのような関わり合いを持ってきたのかを知ること。

将来にわたってウィルスと対峙していかんといかん人類は、それを知らんと、根本的解決には至らず、いつまでもモグラたたきゲームなんではないか、と思う今日この頃。

 

いや、歴史ヲタクのたわごとです。


←前日の日記2020年04月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter