おすすめ

今日のにっこりひまわり

米子市と南国市の気温〔6118〕2020/01/15

米子市と南国市の気温

2020年1月15日(水)晴れ

帰ってきました。昨日の夜、南風で高知駅に降り立つと、寒い。

なんか、山陰の米子より高知の方が寒い感じがする。そんな訳ないやろう、と思いながら迎えた今朝も、結構寒い。まだ氷点下にはならんけど、ちょっと本格的な冬が近づいてる感じの高知市内。

で、今朝4時過ぎ。駐車場に停めてあった車に乗ると、フロントガラスがカチバリついてるではないか。この冬初めての、フロントガラスカチバリつき、だ。

 

昨夜は雨が降ってて、フロントガラスについた水滴が、この朝の冷え込みで凍ってしまったのでありました。車載外気温計が表示してるのは、プラスの3℃。3℃でも、状況によっては、凍ります。

そして出勤し、溜まってた業務をこなし、ひと段落。

 

少し気になった米子と南国市の気温、調べてみたのであります。

すると、思いも寄らない衝撃の事実が!

いや、そんなに大袈裟な話ではないけど、昨日、今日の気温の体感は正しかったのだ。気象庁の「過去の気象データ検索」で、旬ごとの、平均値をみてみたら、そうだったのである。

 

今日は1月15日。だから中旬ど真ん中。南国市の1月中旬「日最低気温」の平均値は1.2℃米子市の過去の平均値はと言うと、高知と同じ1.2℃だ。しかし上旬。1月上旬の南国市最低気温の平均値は、0.8℃で、米子市は1.7℃。南国市の方が米子市より寒いのだ。

ただ、米子市は、1月下旬から2月上旬にかけて、一番寒くなってて0.6℃なんだけども、南国市は、1.3℃、1.5℃と徐々に暖かくなってゆく。

そして2月中旬からは、南国市は3.2℃、5.5℃、とどんどん上昇していくけど、米子市は1.2℃、1.5℃。やはり山陰。山陰の冬。

 

ここで得られた結論。一番寒い時期は、米子市でも南国市でもそんなに変わらない。よく晴れてる南国市の方が、放射冷却で寒いくらい。でもそれは12月中旬から1月中旬だけのことで、その前後は、やはり米子市の方がとても寒いのである、ということが、この気象庁のデータベースでわかりました。

なんか、冬休みの自由研究みたいになったけど、こんなデータが簡単に調べられるとは、便利な世の中になったもんです。

 

夏休みの最終版に、真面目な友人に、夏休み中のお天気を書き写させてもらってた、あの風景が懐かしい。これから、どんな世の中になっていくんでしょうかね。

こうやって情報社会は進展していくのに、この平均気温データが上昇していくのを食い止められないってーのはどういうことなんだろうか、と思う朝。

 

さあ。そんなことを思いつつ、まずは目の前の仕事仕事。


←前日の日記2020年01月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー