1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

ご愛顧に感謝キャンペーン

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

月は流れて東へ西へ〔6084〕2019/12/12

月は流れて東へ西へ

2019年12月12日(木)晴れ

そんな訳で、昨日の夜、会社から帰りがけに買いました。トレラン用のシューズ。昨日書いた、リレーマラソンを一緒に走ったメンバー達から贈ってもらったAlpenのギフトカードを早速使って。

普通のランシューズに比べると、底の部分がかなりゴツいのね。これで山を走るの、楽しみになりました。ああ。はやく山、走りたい・・・

走ったらレポートしますね。

 

閑話休題

今日の写真は、本社棟2階の営業の部屋から撮影した、今にも西の空へ沈まんとしている、真ん丸お月様。月は流れて東へ西へ~

 

今、閑話休題と書きました。これ、「さて」とか「それはさておき」とか「それはともかく」とか、そんな感じの接続詞で使いますよね。わざわざ「それはさておき」と振り仮名振ったりして。無駄話や横道に逸れた話から本題に戻すとき、使ったりする。

でも、そもそもこれ、名詞だったみたい。

まあ、見るからに名詞ですもんね。体言止めで。でも、「大辞林」での「閑話休題」は「接続詞的に用いる」との説明しかないし、我らが「大言海」にいたっては、そもそも閑話休題という項目すら立ってない。

そこで、小学館の「日本国語大辞典」をオーテピアで見てみたら。あった。名刺の「閑話休題」も、ありました。

名詞「本筋からはずれて語られていた話やむだ話をやめにすること。」

そう。無駄話をやめる「こと」なのである。これを接続詞にしてしまったのは誰なのか。

 

そもそも、名詞としての使用例も、江戸時代後期だから、たぶんそんなに古くから使われてた訳ではないね、たぶん。小学館「日本国語大辞典」の「閑話休題」の、接続詞としての例文の初出は、なんと我らが幸徳秋水さんの「鳥語伝」という文章だ。もっと古い時期のがあるかも知れんけど、少なくとも小学館的には、幸徳秋水なのである。

で、「明治社會主義文學集」の第二巻に所蔵されてる幸徳秋水先生の「鳥語伝」を見てみると、あった。ありました。明治35年の萬朝報に書かれた文章。

「閑話休題、哀公は表章を御覧りて、又も公冶長が益なき藝語を申し出でしょ、と不興の體にて・・・・」

 

閑話休題の後に「、」があるから、確かに接続詞として使っている秋水先生。

これ以降、日本では、閑話休題を接続詞として使うのが流行ったのかどうかは知らんけど、まあ、昭和の頃はよく使いましたよね。

 

この例文に出てくる公冶長という人物は孔子の弟子で、質素で控えめだけどもとても優秀で頭の良い人物らしい。そして、鳥の言葉を解するのである。

こないだ「猫語のひみつ」という本のこと紹介したけど、公冶長さんは「猫語」ではなくて「鳥語」を解する人物だったのであります。「鳥語のひみつ」という本は書かんかったけど。

 

閑話休題、西の空に沈むお月様の話でした。

でももう、文章長くなってしまったので、その話はまた今度。

月は流れて東へ西へ〜


←前日の日記2019年12月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook instagram