おすすめ

今日のにっこりひまわり

人類 貝食べ生き残る〔5987〕2019/09/06

人類 貝食べ生き残る

2019年9月6日(金)晴れ

台風が2つ。両脇へそれてくれるとありがたいけど。

金曜日の高知新聞。朝、ひと仕事済ませてから、しばし新聞タイムとなる訳だけども、時々とても嬉しくなったり気になったりするような記事、ありますよね。今朝の高知新聞では、このにっこりで取り上げてみたくなるような記事が、2つありました。

どっちにしようかと迷ったけど、結局こっちにしました。この写真の記事。

 

採用にならなかったもう一つの記事は、日本新聞協会が、今回の広告大賞に、元広島カープの黒田投手が自費で中国新聞に掲載した「結局 新井は凄かった」と言う両面見開きの広告を選定した、というやつ。あの、新井さん。新井さんが遂に引退を迎えた作秋、盟友で一足先に引退していた黒田さんが、万感の思いを込めて掲載した、素晴らしい広告。話題にもなりました。

見開きの右ページには、過去の、新井さんの不振、失敗、ブレーキなどが掲載された写真入りの記事がこれでもか、というくらいに貼られ、左ページには、真っ赤なページの真ん中に白抜きで「結局 新井は凄かった」。

涙が出るくらい素敵な広告でしたね。

新井さんという人間を見事に表現してるし、愛情が伝わってくる。

不器用で、ヘタクソで、チャンスに併殺で、そんな男が、ただがむしゃらに、一生懸命に、ひたすら前を向いて頑張ることだけを武器に野球人生を送り、最高のエンディングを迎えた。結局、誰もと違う、誰もができなかったような凄い実績と記憶を僕らに残した、新井さん。

このページに詳しく書いてたので、見てみてください。

 

採用しなかった話が長くなってしまった。

今日の話題にしたいのは、これ。76億人の海図、という連載。今日のは、南アフリカで人類の起源について研究する学者さんの、話。

最終氷期、ヴュルム氷期という氷期の話は、このにっこりでもよく出てくる、にっこり読者の基礎知識。では、その前の氷期は、というと、リス氷期。18万年前~13万年前の、氷期ね。

その頃、現生人類はアフリカで生まれていたことは、わかってます。

 

僕ら現生人類は、遺伝的多様性が異様に乏しい、と言われてます。つまり、ある時期の、とても少ない人数のグループから、現在の人類に至っている、という訳だ。そうでないと説明つかない。

で、今朝の記事で紹介されてるのは、その小さなグループが生き残ることになった一つの仮説。

リス氷期で寒冷化し、乾燥地帯が広がり、生まれたばかりの現生人類は、絶滅の危機に直面していました。その時、南アフリカの海岸で、貝などを中心とした海の幸を食べて生き長らえ、残ったグループがいて、今の僕らにつながっている、という仮説。

その生活の中で認知革命が行われ、情報伝達が画期的に進み、他の集団よりも優位に立てるグループができあがってきた、という話ね。

 

なるほど。一つの仮説ではあるけど、なかなか考え方としては説得力、あります。

 

限られた情報から真実を導くのは、難しい。でもそこには無限の想像力を働かせる余地があり、だから楽しい。

 

南国市の田村遺跡。

弥生時代を通じて、多くの人々が集住した田村は、この十字の場所。これは治水地形分類図で、伏流水や、旧河道が青く記されてます。田村の集落は、南流する物部の流れと、西流して浦戸湾へ向かう流れの分水嶺、微高地に、あります。

つまり、そこそこ標高が、高い。

弥生時代末期、突然、土佐の中心は国分川方面へと移り、中世まで、田村は歴史に登場しない訳だけども、その理由は。

標高からして、通常の南海地震津波では、田村は、被災しなかったんだと思う。でも、2000年に一度、みたいな巨大津波だと、流されてしまうくらいの、標高。

弥生の田村遺跡と津波の関係って、どうなってるんでしょうかね。

 

この、考古学者の記事を読みながら、そんなこんなの想像を膨らませ、朝から楽しませて頂きました。さあ。今日も張り切って仕事仕事!


←前日の日記2019年09月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー