1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

中野団地の土〔5977〕2019/08/27

中野団地の土

2019年8月27日(火)降ったり止んだり晴れたり

昨夜、走って帰ったので、今朝は自転車。朝起きたら雨が降ってて、ビビりました。ビビっても仕方ないから、そんなに降ってもなかったので、Tシャツ短パンで自転車漕いで出勤しました。合羽着ても、どうせ内側から汗ビショになるし、雨に濡れるのと汗で濡れるのなら、雨の方が臭くなくて良いよね、という判断で、濡れそぼって自転車踏んできました。ああ。気持ちよかった。

 

写真は、朝5時頃の介良。左が介良富士で、右手が中の団地。この道路、西の方はまだ工事やってますが、まあ長いことやってますな。

 

10年前。2009年11月に撮影したのがこの写真。あの頃、この道は狭かった。

その翌年撮影したのが、これ。この写真、今日のと同じような場所から撮影してるのが、右手の家の形でわかります。10年かけて、これだけ風景が変わりました。

 

この右手は中野団地。

現在の航空写真は、これ。介良野の西が中野で、その中野にできた、団地。

1970年代の航空写真を見ると、今と変わらない風景。その頃からあった、中野団地。

1960年代の航空写真だと、これ。団地用に土地が造成されてるのが、わかります。

 

ではこの団地の形状は、いったい何に由来するのか。何によって規定されてるのか。

1948年5月に米軍が撮影した航空写真。高解像度で拡大して見るとよくわかるけど、団地に造成された土地は、香長条里を無視した田んぼ。これはあれだ。ここは湿地帯だ。だから、条里制が布かれた当時は田んぼはなかったんだ。

そこで土地条件図。ほらね

ここで川が蛇行して入り組んでる。

 

そんな土地をどうやって造成したのか。

この1970年代の航空写真に、その答えがありました。中野団地の南。介良富士の北斜面。山が抉られてます。エグられてます。僕が想像するに、この抉った土を使って造成したのが、中野団地なんだろうと思う。そう思って1960年代の航空写真を見ると、山、抉り始めてますよね、少し。

現在、山の北側の抉った跡には草木は生えてきてるけど、やはり抉った痕跡は今も歴然。

 

中野団地は、介良富士の一部でできている。

 

太古の物部川が蛇行し、湿地帯をつくり、そこに神の山、介良富士の一部が盛られて、新しい団地になった。

そして道路は広くなり、どんどんと風景は変わってゆく。

 

でも、今の風景は、太古の昔からの歴史の文脈の中に、あるのでありますね。


←前日の日記2019年08月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter