1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

行川神社のムクの巨木〔2188〕2009/04/12

行川神社のムクの巨木

2009年4月12日(日)快晴!

今日も暑い日曜日。高知県内は、県外ナンバーの車がこぢゃんと増えました。

さて、こないだうちから、風景の変化についてご紹介しよりますきに、今日は、長い長い年月、変わらん風景をご紹介しましょう。ニッポンの風景で、長い年月変わらん代表的なものは神社やないでしょうかね。特に、その森。

この写真のニョキニョキっとした巨木は、行川神社のムクの木。今朝は、鏡川を河口から遡上、大河内橋から西へ行川まで駆け上りました。行川は「なめがわ」と読みます。高知の皆さんは、濁らんづくとに「なめかわ」と呼びますけんど、「なめがわ」が正しいみたいです。

どうしてかと言うと、行川ではあちこちに「なめがわ」と書いちゃあるきです。これは知られちゃあせんですね。正蓮寺の向こうにある久重小学校を、高知のヒトは「くじゅう」と読みますが、本当は「きゅうじゅう」であるがと似いちょります。

しかしまあ、ホントにエイところです、行川。古いお宮さんもあり、これぞニッポンの風景、てな感じ。その中心集落にある古いお宮さんがこの行川神社で、ムクの巨木と杉の巨木が素晴らしいです。この横の畑をやりゆうおばあちゃんに、このムクの木のことを訊いてみましたら、「あたしが子供の時分からこれっぱあ大きかったきねえ。杉も昔から大きかったぞね。」と、にこやかに元気に答えて下さいました。つまり、樹齢はようわからんと。この風景は、何十年もこのままなのでありました。素晴らしいですな。

今朝は、この行川から山を越えて針原に抜け、旧鏡村役場のある川口へ下りてきて温泉につかりました。以前にもお話しましたが、昔の集落とそれを結ぶ幹線道路は、山の高いところにありますね。自分の足でたつくると、なんでそんなになっちゅうがかがだんだんとわかってきます。


←前日の日記2009年04月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter