1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

五台山と榴岡公園の関係〔2061〕2008/12/06

五台山と榴岡公園の関係

2008年12月6日(土)晴れ!

ちくと冷えた朝。会社の駐車場に停めちゅう車のフロントガラスが、この冬初めてカチバリツイちょりました。

こないだ、東北は仙台の、榴岡(つつじがおか)公園からにっこりをお届けしました。あの公園は、元々、1695年に4代藩主伊達綱村さんが、その生母三沢初子さんの菩提を弔うために釈迦堂を建てたがを始まりとするそうです。その三沢初子さんは、歌舞伎の「先代萩の政岡」のモデルとされる人物で、その筋ではかなり有名。

さて、まだ戦国の匂いも残る1671年、伊達藩でこぢゃんと大きいお家騒動が勃発しました。2歳という年齢で4代目藩主になったのは、伊達綱村さん。

3代藩主綱宗さんの息子で、政宗公の曾孫ですな。2歳ですきに、バックに実権を握る実力者がおります。伊達兵部さん。政宗公の10男。で、伊達藩で、それに反対する勢力が伊達安芸さん。どろどろとした抗争が続くのでありますが、最後は、江戸での審理の最中に、その伊達安芸さんを伊達兵部さん側の家老原田甲斐さんが殺害、その甲斐さんも安芸さん側の家老柴田外記さんに斬り殺されました。結果的には、この結末によって伊達藩は改易にされんと済んだ、ということで、原田甲斐さんを主人公にした山本周五郎さんの名作「樅の木は残った」が書かれたがはご承知の通り。

さて、ここは今朝の鏡川河口。鏡川大橋のアーチの向こうに重なるように、五台山が見えます。あの山には、伊達騒動の主役、伊達兵部さんが眠っちょります。騒動の後、土佐での蟄居を命ぜられて、土佐で没しました。

兵部方の原田甲斐さんを斬り殺した柴田外記さんは、実は長宗我部元親さんの実の孫。大坂の陣で破れ、逃げておった元親さんの娘は、その子と一緒に伊達家の家臣柴田さんに捕らえられ、その子は優秀やったので柴田家の養子になって伊達藩家老にまで登りつめちょった訳です。

土佐と伊達騒動は複雑に絡み合うちょりまして、たぶんこのにっこりを読んだだけでは訳わからんと思います。

そんなことを考えながら朝の五台山を眺めました。


←前日の日記2008年12月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter