おすすめ

今日のにっこりひまわり

月の瀬橋から月を観る〔191〕2003/10/24

月の瀬橋から月を観る

2003年10月24日(金)快晴ですね

今朝も快晴の鏡川を本当に気持ち良く走って来ました。写真は、中流域に架かる「月の瀬橋」から観た日の出前の東の空。筆山の上方にお月様が写っちゅうががわかりますが?今朝の月齢は28。ホソーい三日月形がとても可愛らしいです。明日の夜には新月を迎えますね。

以前にも書きましたが、この辺りは、坂本龍馬の家に近いので、この川で龍馬も泳ぎまわりよったと伝えられちょります。また、この月の瀬橋の北側に、後に海援隊士として大活躍する俊才「近藤長次郎」の家がありました。

安政の大地震で家を失った画家で当代随一の知識人「河田小龍」(ジョン万次郎が土佐へ帰って来た時に、西洋の事情を詳しく聞き取りをしたりしちょります)は、この近藤長次郎の叔父さんの斡旋で、この川べりに住むことになりました。

一説には、饅頭屋の生まれではあるが飛び抜けて優秀な長次郎に最高の学問をさせるため、その叔父さんが小龍に恩を売って、長次郎を門下生にもぐり込ませたのだとも言われちょります。

長次郎はどんどんと頭角を現し、龍馬のもとで幕末を駆け抜けることになりますが、龍馬も、近所に河田小龍が住んだおかげで、多くの国際的知識を吸収することができ、あの素晴らしい思想と行動力が形成されて行ったとも考えられる訳であります。

考えてみれば近藤長次郎の学問好きの叔父さん「門田兼五郎」さんの功績は大きいですね。たぶんこの人、誰も知らんとは思いますが。

世の中、面白いです。まっこと。


←前日の日記2003年10月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー