1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

新堀川界隈、岡本寧甫さんの塾舎址〔1055〕2006/03/06

新堀川界隈、岡本寧甫さんの塾舎址

2006年3月6日(月)晴れのち曇り

今日は月曜日。身の引き締まる一週間のはじまりです。と、言う訳で、今朝は身の引き締まりついでに土佐の生んだ偉大な思想家の塾跡へ来てみました。このにっこりでご紹介するのは始めてですな。

ここは、高知市中心部から少し東、アカメ棲む新堀川のちょっと東です。2004年6月5日のにっこりで、桜井橋の東の「櫻井跡」をご紹介しましたが、その東側の交差点を北へちょびっと行った左手に、ご覧の碑が立っちょります。「岡本寧甫先生塾舎址」と刻まれた碑。そうです。今朝ご紹介するのは藩政期後期に活躍、明治維新に多大な影響を及ぼした岡本寧甫(おかもとねいほ)さん。高知のヒトは絶対に知っちょらんといかん名前です。

岡本寧甫さんは現在の高知県安田町の生まれで、元々は浄土真宗のお坊さんでした。本願寺で名の知られた坊主になりますが突然還俗して陽明学者になります。吉田松陰さんも陽明学者なら、大塩平八郎さんも陽明学者。激しい思いと行動が特徴の陽明学は、明治維新の原動力となったと言うても過言ぢゃあないですよね。

で、岡本寧甫さんは大阪で大塩平八郎さんとも親交があったそうです。大阪、福山で陽明学を講じ、土佐藩に迎えられて藩校教授館で講義をし、並行してこの碑の立つ場所に塾を開いて若者に教育を施したのでありました。弟子は1000人を超え、三菱の岩崎弥太郎さん、維新の志士で野根山事件の清岡道之助さん、維新の志士にこぢゃんと影響を与えた思想家奥宮慥斎さんなどものすごいメンバーが並びます。ギッチリこのにっこりに出て来る、龍馬に世界を教えた河田小龍さんも、岡本寧甫さんの弟子。明治のニッポンの社会主義思想を牽引した中江兆民さんも、岡本寧甫さんに陽明学を教わっちょります。ちなみに中江兆民さんの家は、ここから新堀川を挟んだ向かいですな。ご近所さんです。

長州の吉田松陰さんは同じ幕末の陽明学者で、維新に多大な思想的影響を及ぼしましたが、その弟子達は明治期になると政府の役人になっていきました。カタヤ岡本寧甫さんに教えを受けた若者達は、自由と民権を追い求め、幸徳秋水さんに連なる土佐の反骨思想を受け継いでいったのでありました。


←前日の日記2006年03月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter