1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

ゆるぐ〔6651〕2021/07/01

ゆるぐ

2021年7月1日(木)晴れ

Facebookって、何年か前に投稿したのが表示される機能がついてますよね。

昨日、8年前の6月30日に撮影した写真が表示されて、そんなこともあったなー、と思ったことでした。「静かに静かーに」街道の話。

 

今はもう営業してない「蘇鶴温泉」。そかくおんせん。冬のおでんとか、夏のトマトとかが美味しく、昭和の雰囲気満載の温泉、蘇鶴温泉。以前にも紹介したように、明治の文豪馬場孤蝶さんが帰高した折に、芸妓さん連れて遊びに行ったという日記が残る、蘇鶴温泉。

おう。そのこと書いたのも、8年前の6月30日だ。そこには、温泉の建物内に掲げられちょった蘇鶴温泉の由来を転記してます。今となっては貴重な転記。

 

その蘇鶴温泉も、2016年のいつだったか、営業をやめてしまいました。残念。世の中、どんどん変わってゆく。変わってゆくけど、ビックリするくらい変わらないものも、ありました。昨日のFacebookに表示された、8年前の風景。

蘇鶴温泉の近く。小さな川を渡る橋に掲げられた看板。

「ここは地盤が軟弱のため 家がゆるぎます 静かに静かーに お渡り下さい。」

あの看板、このにっこりで初めて紹介したのは、2004年2月14日。もう、17年以上前。工事の看板みたいなので、てっきり仮設看板みたいなもので、すぐ撤去されるものかと思ってました。ましたねー。ところが、その後、何度そこを通っても掲げてある。しかも8年前に発見したように、その近くに、もうひとつの「静かに静かーに」看板。その看板は今もあるのだろうか。

あそこまで行って確認するのは大変なので、Googleのストリートビューで確認してみよう。

 

あった。ありました。ストリートビューにも、ちゃんと写ってます。近くの「静かに静かーに」もね。

風景に中に溶け込んで、何年経っても変わらない看板。今もちゃんと残ってました。静かに静かーに街道、健在なり。蘇鶴温泉がなくなってから、通ることがなくなったので、しばらく確認できてませんでした。

 

ところで、地盤。そんなに地盤が軟弱なのか。

地理院地図で確認しよう。なるほど。地形分類で見ると「後背低地・湿地」。砂や礫がほとんどなく、泥が堆積してできた土地。だから、地盤は緩い。だから「ゆるぎ」ます。

家が「ゆるぐ」。これは土佐弁という訳ではなくて、辞書にも「揺るぐ」で載ってる表現。

こないだ、荒倉峠から朝倉側へ旧街道を下ってきたところに、「ゆるぎ岩児童遊園」というのがありました。その横にはチャートの巨岩、揺岩。ゆるぎ岩だ。地理院地図だと揺岩。

ストリートビューで見てもわかるように、なかなか「ゆるぎ」そうにもないチャートの巨岩。やけど、どこが「ゆるぐ」んだろう。地盤見てみると、「静かに静かーに」街道と同じ、「後背低地・湿地」の端っこやけど、地質で言うと、山。つまり地面から生えてるチャートだ。ではなぜ、どこがゆるぐのか。謎だ。調べてみんといけません。

 

ともあれ、まだあの看板は残ってて、今も家が「ゆるぐ」ので、静かに静かーに通らんといかんのも、変わっていないのでした。

まあ、どうでもいいような話ですが・・・


←前日の日記2021年07月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter