1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

飛行機雲、ロケット雲〔6215〕2020/04/21

飛行機雲、ロケット雲

2020年4月21日(火)晴れ

朝6時前の工場の上に、ひと筋の飛行機雲。春の霞んだ空にまっすぐ伸びる、飛行機雲。

飛行機雲を見ると、ロケット雲を思い出す。そう。今から14年前の、春。バイコヌール宇宙基地から打ち上げられた、弊社の乳酸菌を搭載したロケット「ソユーズ」の、ロケット雲。

僕は、まだ小学生だったJr.1号を連れて、打ち上げの立ち合いに行ったのでした。あのときの衝撃は、今も忘れられません。結構近い距離から見たロケットの打ち上げは、ちょいと人生観を変えましたねー。

打ち上げの時の写真は、まさに地球から浮かび上がろうとするソユーズ。なので、ロケット雲は写ってないけど、バイコヌールのまっ青な空に描かれた白いロケット雲は、今も鮮明に脳裏に刻まれてます。

 

そこで、Googleマップで、バイコヌールを見てみました。こんな場所。砂漠のどまん中でした。ここまで行ける日本人もそうそうは居なくって、たぶん、うちのJr.1号は、バイコヌール宇宙基地を訪れた最初の日本人小学生だったはず。

基地近くの宿泊施設に泊まったんですが、それがどこなのか、ちょっとわかりません。流石にここにストリートビューは、ないから。

 

でも、ピンポイントのビューは、ありました。見てみると、これ。宇宙史博物館という施設らしい。そこに、この、スペースシャトルみたいなの、展示してあるのがわかります。

おう。

僕らが行ったときは、その機体は空き地に野晒しみたいになって置かれてました。近くを車で通り掛かった時、同乗していた「有人宇宙システム株式会社」のNさんが発見し、解説してくれたのでした。

 

そう。ロシアも、スペースシャトルみたいなの、開発してたのであります。ロシアというか、ソ連ね。ソ連崩壊の直前、1988年11月に、無事、飛行を成功させてるソ連版スペースシャトルは「ブラン」と言います。

性能や、脱出機能などはスペースシャトルより優れていた点もあったと言い、宇宙への物資や人の輸送にかなり期待されてたブラン。でも、ソ連が崩壊し、ロシアのエリツィンによって計画は中止されたと言います。予算の関係でね。

もし、そのまま計画が続行されてたら、宇宙の様相も少し変わったものになってたかも知れません。

 

そのブラン、確かにあのときは、野晒しで放置されてた。

それが、どうやら博物館に展示されるようになってるみたいですね。これは新しい発見。やるではないか、ロシア。

14年前にも、バイコヌールには博物館みたいなのがあって、行きました。そこには、初期の宇宙飛行に使われたボストークとか、宇宙開発黎明期の歴史がわかる展示が、ありました。

博物館ではなかったけど、一番印象に残ってるのは、ガガーリンの部屋。

ガガーリンは、人類初の宇宙飛行へ出発する前、バイコヌールの宿舎で過ごしています。その、ガガーリンが過ごした部屋が、当時のままに、展示されてました。

 

今はどうなってるんだろう。

バイコヌールの風景は変わってないけど、博物館にブランが展示されてることが、今朝のGoogleマップ探索でわかったのが収穫

Googleマップ、恐るべし。

 

地球を平面的に探索、探検するならGoogleマップ。

日本を時間軸で探検するなら、地理院地図。

 

Googleマップで地球の果てまで出かけよう。

地理院地図で時間旅行に出かけよう。

どこにも行けない今だから。


←前日の日記2020年04月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter