おすすめ

今日のにっこりひまわり

大歩危の変遷と徳勝龍関〔6130〕2020/01/27

大歩危の変遷と徳勝龍関

2020年1月27日(月)雨

雨の大歩危。朝6時半。

今日は本州方面出張につき、国道32号を走ってます。今朝は4時前に出勤、諸々の仕事を片付け、原乳受入担当者と打ち合わせしてから工場を出発し、国道を走ってます。目的地はJR坂出駅。

坂出駅前の駐車場に車を停めて、マリンライナーで本州へと向かう予定。

 

雨ということもあってまだ真っ暗。コンデジのシャッターを8秒開放して撮影しました。ここは大歩危道の駅。ラピス大歩危という名前もついてて、岩石・鉱物を展示した博物館があるらしい。一度、行ってみんといけません。

あと、なんか知らんけど、この界隈は妖怪「こなきじじい」発祥の地とのことで、妖怪村として地域おこしをしていると、ウィキに書いてます。こなきじじいか。ああ。こなきじじい。

 

大歩危には、この他に、吉野川下りの遊覧船がある「レストランまんなか」様や、「ウェストウェスト」という、ちと若者向け風の施設があります。祖谷への入り口ということもあって、インバウンド人気もなかなか上昇してるとのこと。

昔、高知自動車道ができた頃、もう国道32号を通る車はいなくなるので、大歩危峡は観光地としても成り立たんなるだろう、という話も、ありました。確かに、国道を走る車の数は激減したと思います。

でも、大歩危は廃れんかった。

かえって、たぶん以前より、観光客の興味を集めるようになり、特に外国人人気はすごいみたい。ラフティングも人気あるし。かなり成功している大歩危祖谷観光。

昔は、阿波池田と高知の間の、必ず止まる休憩場所であった大歩危。小学校の修学旅行で、香川から帰りがけに「まんなか」で写した写真が残ってます。あのときも大歩危は雨だった。通りがかり観光から、わざわざ出掛ける観光への転換を見事に果たした、大歩危小歩危。

 

大歩危の今のような賑わい、高速道路の工事をしてる頃は予想してませんでした。だから世の中は面白い。

 

予想してなかったと言えば徳勝龍。

すごかったっすね、今場所。そして昨日の相撲。徳勝龍の涙に、もらい泣きした人も多かったんだと思う。僕も、そうでした。いやー、良い相撲、良いインタビューだった。

我らが明徳出身というのも、良いね。

なにより「お人柄」が滲み出てました。おじさんの心を鷲掴みにした、昨日の徳勝龍関。

「とくしょうりゅう」と入力してもちゃんと変換しない、今までは地味で目立たないお相撲さんが、こんな夢を見させてくれたことが、嬉しかったっすね。

 

ただ。昨日の敗戦で引退の可能性が高くなってきたのが、それこそ我らが豊ノ島関。僕の大好きなお相撲さん。でもね。ほんとによく頑張りました。まだ引退発表してる訳ではないけど、本当に、心より労いたいと思います。

 

なんか、相撲って、良いね。

 

夜が明けはじめた大歩危で、世の中の不思議を考えてます。

さあ。今日も、今週も張り切って仕事仕事!


←前日の日記2020年01月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー