おすすめ

今日のにっこりひまわり

変わりゆく介良と変わらない介良富士〔5795〕2019/02/26

変わりゆく介良と変わらない介良富士

2019年2月26日(火)晴れ!

すっかり変わってしまった。

昨夜は久々に走って帰りました。会社から。

ピークから言えば8kg以上ダイエットしてるので、軽い軽い。身体が軽い。気持ちとしてはビュンビュン走りました。側から見たら遅いけど。気持ちはビュンビュン。

そんな訳で今朝は自転車出勤。これもホントに久し振り。暖かくなって、自転車通勤に良い季節になってた。たまには良いね、自転車通勤。

 

写真は今朝4時半頃の介良の中心部。すっかり変わってしまった。道路の拡張工事で風景が変わった介良中心部。

歩道の脇にある記念碑だけが変わらない。この記念碑にはこう刻んであります。

「合併記念  この村は古代気良郷のち介良荘とよばれ明治4年介良村となり以来102年を経て昭和47年2月1日高知市に合併する」

僕らが小学生の頃、長岡郡介良村は高知市になりました。大津村と一緒に。その時のことは、なんとなく覚えてます。

 

古代、とあるように古くから人々が住んだ土地であるのは間違いない。地理院地図の土地条件図を見てみると。水色の部分は、古代まで海だった。紀貫之の時代は、ここまでが浦戸湾。その浦戸湾の浅瀬に面した土地が、気良郷。黄色は「自然堤防」だから、古物部川の流れによって堆積した微高地だ。そんな微高地に人が住み、その周囲で稲作をする。そんな風景が太古の昔からあったと思われる介良。

その山裾には延喜式内社の朝峯神社が鎮座ましまし、古墳が山盛りの高天原山が北に聳える。古代以前からの神様に囲まれた土地、介良。

 

その中心部には農協があり、飲食店などがあり、住宅街があります。真ん中を突っ切るのが県道243号線。

変わってしまった風景、と書きました。今から丁度10年前、この記念碑の前で撮影した写真が、これ。道路の広さが全然違うの、わかりますでしょうか。向こう側の道路南にJAのガソリンスタンドが見えます。

その後、道路拡張工事が始まる。今から6年前の2013年はこんな風景。左手向こう側にかつての農協の建物があり、その手前に駐在さん。駐在さんの場所は、どうやら変わってないので、位置関係わかりますよね。少しづつ用地買収が進み、工事が進み、結構な年月かけてこんな風景になった。

 

海辺の村。荘園。近世の大きな村落。独立した「村」。そして高知市介良。道路拡張。

どんどんと変わってゆく。そう言えば、この写真の頃乗ってたのは白い折りたたみ号だった。あれから言えばこの自転車は3台目。どんどん変わってゆきます。

 

変わらないのは、彼方にうっすらと影だけ見える介良富士の姿。朝峯神社産宝様などが鎮座まします神の山。変わってゆく風景を、今も変わらずに見守ってくれている、神の山。


←前日の日記2019年02月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー