1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

紅葉橋の栴檀〔344〕2004/03/25

紅葉橋の栴檀

2004年3月25日(木)曇り

今朝も早朝から鏡川を気持ちよく走ってきました。今朝は、河口の鏡川大橋から南岸をずうっと遡り、写真の紅葉橋で折り返して北岸を走って帰りました。早朝からたくさんの歩いたり走ったりする方々と出会い、挨拶をするのが本当に気持ち良いですね。

写真の紅葉橋は、江戸時代、すでに「雁切川橋(がんきりがわばし)」という名前でこの場所に架けられちょったらしいです。高知のお城下と、高岡宇佐方面を結ぶ重要な交通の拠点やったがですね。

何故雁切川橋と呼んでいたかと言うと、この辺りの鏡川は、その昔「雁切川」と呼ばれておったからですね。以前にもにっこりで書きましたが、明治初年、鏡川の河口を出たところの浦戸湾に「青柳橋(あおやぎばし)」という橋が架けられたのに対抗して、付近の紅葉が美しかったこの橋に「紅葉橋」という名前を付けたのだそうです。なかなか酢が効いちょります。

今、手元に昭和16年の紅葉橋の写真があります。橋幅3mくらいの小さな橋で、橋の袂の大きな栴檀(せんだん)の木が印象的です。

現在の紅葉橋界隈に紅葉は見あたりませんが、栴檀はたくさんたくさん生えちょります。今の季節、数珠状になった実が木のあちらこちらに集団をつくり、特徴ある姿を誇示しています。鏡川沿いに一番多く生えている木は、ひょっとしたら栴檀かもしれませんね!


←前日の日記2004年03月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter