おすすめ

今日のにっこりひまわり

野村茂久馬翁銅像〔198〕2003/10/31

野村茂久馬翁銅像

2003年10月31日(金)晴れ

高知城の周辺には、たくさんの顕彰碑やモニュメント、銅像が建立されちょります。今朝写して来たのはその一つ。

一昨日のにっこりでご紹介しました、高知城南東の「丸の内緑地」にございます、「野村茂久馬」翁の銅像ですらあ。

この銅像の題字は、吉田茂総理大臣によるもの。そもそも野村翁とは何者なんですろうか?高知の皆さんはある程度ご存知ですよね。明治大正昭和にかけて大活躍した実業家で、「土佐の交通王」とも呼ばれた人物です。

バス路線の整備や電車事業を興し、自動車による貨物輸送、船舶による物資の輸送など、幅広い分野で事業展開を行い、土佐の財界に君臨しました。

フォード自動車の販売業をやったりもしちょりますね。高知商工会議所会頭や貴族院議員を歴任し、社会活動分野でも大きな功績を残しちょります。

土佐に残る料亭「得月楼」におりました90歳を超えるお姐さんのお話を聞いたことがあります。ここ「得月楼」は、その昔は「陽暉楼」といいまして、映画の舞台にもなった西日本随一の大料亭でした。

野村翁は、古き良き時代(もちろん戦前)、ここでよく豪遊されたそうです。ちくと今では考えられんですが、大広間に豆腐をぎっしりと並べ、割り箸を苗に見立てて、大勢の芸者さんに着物の裾をまくらせて、せえのおで「田植え」をしたりした遊びも今では語り草ぢゃねえ。


←前日の日記2003年10月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

下記「年月別過去ログ」のクリックで月を表示・非表示します。

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

フッターアクセスメニュー