1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

土讃線の汽車から雪ヶ峰牧場〔1372〕2007/01/17

土讃線の汽車から雪ヶ峰牧場

2007年1月17日(水)晴れたり曇ったり

今朝の高知はまたヌクかったです。最低気温がなんと9.3℃。コート要らずの高知の冬です。

今、夕方の汽車に乗って香川へ向かいゆうところです。特急南風の中でこのにっこりを書きよります。

写真は、その汽車の車窓から眺めた雪ヶ峰牧場。何度もにっこりでご紹介した、土佐山田町に在る広い広い牧場。ジャージー種の牛を、このとてつもなく広い山でゆったりと飼いゆう雪ヶ峰牧場。JRで、土佐山田駅を出てちょっと香川の方へ行きよりましたら、ひっとつめのトンネルを抜けてしゅっとの右手に見えてくるのがこの牧場。これが雪ヶ峰牧場なのであります。

山の麓の白い屋根の建物が牛舎ですが、ここへは搾乳のときにしか帰ってきません。搾乳以外の時間は、すべて、完全に、外の牧場で過ごすという幸せな牛が、ここにおります。

汽車は、ここを過ぎると突然山の中へ入り、トンネルまたトンネルという山中をどんどんと登って行きます。昔、蒸気機関車の時代は急勾配の難所で、途中にスイッチバックの駅「新改駅」がございます。新改駅から更にどんどこ登り、峠から少し下ると繁藤(しげとう)駅。昔の地図を見ると天坪(あまつぼ)駅と書いちゃあります。その名の通り、雨のこちゃんとエライがで有名な地区。その駅の横を穴内川という川が流れよります。かの四国三郎吉野川の支流穴内川。

つまりですね、土佐山田から一気に駆け上がった山が、実はこの界隈の分水嶺という訳です。分水嶺というと、高知と徳島の県境の山くらいかと思いがちですが、実はこんなにも高知寄りやったがですね。国道を車で行きますと、南国の植野から登った根曳峠(ねびきとうげ)が分水嶺ということになります。峠のすぐ下を流れる穴内川は大杉の向こうで吉野川本流と合流、どんどんと下って大歩危から阿波池田、そして徳島平野を通って瀬戸内海に流れ込むのであります。

と、こんな事を書きよりましたら、汽車は今、大歩危駅に着きました。川は断崖のトット下を流れ、空は山トット上に見えよります。


←前日の日記2007年01月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter