1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

神田から山への小径〔2377〕2009/10/18

神田から山への小径

2009年10月18日(日)ご覧の通りの素敵なお天気

良う晴れた心地良い日曜日。

今朝の高知新聞を読みよりましたら、東京品川の、浜川砲台跡近くにあった龍馬像が、京浜急行立会川駅近くに移されて、こぢゃんとキレイに整備された、という記事が載っちゃありました。今年8月12日のにっこりをご覧下さい。運河の奥まったセンバイ所に、虎ロープでタッスイ台座に縛り付けられた龍馬像をご紹介しました。あれは、今回のこの新しい姿に生まれ変わるまでの仮の姿やったがですね。関係者の皆さん、大変失礼いたしました。けんど良かったです、ちゃんとした場所に移って。

さて、今朝は、メッソ時間が無かったのでありますが、鏡川から神田、そしておおなろ園界隈をたつくってきました。神田の山沿い、初めて通る道を徘徊しまして、そしておおなろ園の山に登る幅1.5mくらいの小径へと進みます。

この小径、一応舗装はされちゅうがですが、登り口には何ちゃあ書いちゃあしませんし、民家の私有地みたいに見えるので、普通の人は登っていきません。一般には殆ど知られちゃあせん道。が、急坂を駈け登って行くと、突然視界が開けて、このような段々畑に出ます。住宅街のしゅっと上に、こんな素晴らしい段々畑。なかなか心地良い場所。高知市西部が見晴らせます。この小径、ひまわり太郎は大好きながです。

眼下しゅっとの宅地の向こう、小山の手前を南へ行くと、龍馬が脱藩する際にお参りしたと言われる和霊神社があります。

来年は龍馬伝。立会川の龍馬像も、この和霊神社も、龍馬ファンで賑わうことになるがでしょうか。

そんなことを考えながら、鬱蒼とした森のトンネルを抜けておおなろ園まで駆け上がりました。


←前日の日記2009年10月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter