1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

南国、新本社前のキンモクセイが香り始めました〔2374〕2009/10/15

南国、新本社前のキンモクセイが香り始めました

2009年10月15日(木)良いお天気

今日も秋晴れ。真っ青な秋の空をトンビが優雅に飛んでおります。

これほどアップにして撮影したらわかりづらいですけんど、これはキンモクセイ。南国の新社屋の前にあるキンモクセイの大きな木。つい2~3日前から突然香り始めました。新社屋は、今、キンモクセイの香りに包まれちょります。

この木は、その昔、高知市の秦泉寺の実家にあったもの。それを、10数年前にここへ移してきました。しっかり根付いた樹は、毎年秋になると素敵な香りを振りまいてくれるのであります。

桜の開花は南から北へと進んでいきますが、キンモクセイの香りは北から南へ降りてきます。ですきに、東日本や北日本では、もう、とっくに、キンモクセイの季節を迎えちょった訳で、南国高知はやっと今週盛りを迎えゆうがです。

キンモクセイは漢字で書くと金木犀。藩政期初期に、日本に上陸したらしいです。図鑑で見てみると、中国語で桂と書けば木犀のことを言うそうで、桂林は、木犀がどっしこ生えちゅう場所を表すがやそうです。なるほど。

しかしあれですね、キンモクセイは、ある日突然香り始めます。ここ、新本社前でも、今週の頭まではなんちゃあ香りませんでした。それが。火曜日くらいから突然。この香りの中、新高梨の貰うたがを食べると、秋が来たことを実感します。

同じく新本社の横には文旦の木もあるがですが、こちらの実は、もうすっかり大きゅうはなっちょりますけんど濃い緑色。おいしゅうに食べれるがはもうちょっと先です。

皆さんもそれぞれの秋を体感されよりますか?


←前日の日記2009年10月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook  instagram  twitter