1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

潮江天満宮の手水、もうすぐお正月〔985〕2005/12/26

潮江天満宮の手水、もうすぐお正月

2005年12月26日(月)今日も晴れちょります

今朝もこないだまでと比べると暖かい朝。それほどシビコオリません。おだやかな年末です。

ひまわり乳業は、年末は31日まで営業。牛乳屋さんの宿命と申しましょうか、皆様に新鮮な商品をお届けするために、年末まで頑張ります。南国工場は、当然31日遅くまで稼動しまして、元旦から受乳、殺菌、一部の充填はスタート。一昔前みたいに、お正月気分は無くなってきてしまいましたね。これも宿命。

さて、お正月と言えば、高知で一番初詣の参拝客が多いのは「潮江天満宮」。ひまわり太郎がいつもお参りする神社です。

拝殿正面の両脇には大きな大きな門松が置かれ、真新しい大きなしめ縄がドカンと吊り下げられちょります。お正月の準備万端整うちょりますね。

ここは、その潮江天満宮の手水舎(ちょうずや)。楼門の手前の右手にございます。手水(ちょうず)というのは、参拝前にお清めをするためのお水。この、水の溜まる大きな石を水盤と言います。この水盤には「明治十年」と刻まれちょりますので、もう、128年間、この場所で水を絶やさずに参拝客をお迎えしてきたのであります。

現在、この手水舎にはセンサーが取り付けられちょりまして、水盤の柄杓を取ろうとしますと、自動的に龍の口から水が出始めます。なかなかのハイテク。

潮江天満宮の手水はここにしかありませんので、お正月になりますと大混雑。参道に長い長いヒトの列ができあがります。もうすぐお正月ですね。


←前日の日記2005年12月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook instagram