1本からお届けします!お電話でのご注文・お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-77-6245

ご愛顧に感謝キャンペーン

今日のにっこりひまわり 毎日健康社員日記

コロナノナツノスゴシカタ〔6318〕2020/08/02

コロナノナツノスゴシカタ

2020年8月2日(土)晴れ

夏休みに入って、街には子供たちの姿。いいですね、夏休み。短いけど、仕方ありません。

このところのコロナの状況、また、ちと不穏な感じになってきてますな。ギラギラ太陽の下、いろんなところへ出かけたいけど、県外とかへ出かけるのは微妙な情勢となってきました。ああ。高知は今のところ落ち着いてるので、近場で、家族で、夏を楽しむのも良いかも知れません。

写真は、今朝の鏡川。九反田橋北詰。堤防の上にはテーブルと椅子。こんなところで家族でバーベキュー、てのもいいでしょうなー。釣りに勤しむのも、また良し。

 

あと、家で旅行気分に浸るというのも、良いですね。今はGoogleマップがありますもの。しかもストリートビューが、ある。家でエアコンの効いた部屋でくつろぎながら、世界中の街を、歩けます。すごい時代になりました。

 

こないだ、ゴッホが亡くなるまで過ごした街で、自殺する直前に描いた「木の根と幹」の場所が特定された、というニュースがありましたよね。結構、いろんなメディアでニュースになってました。

その記事読むと、その街は、パリ郊外のオーベリュシュルオワーズという小さな街。

「木の根と幹」という、なんか、苦悩に満ちた作品は、こんなの。この木の根、幹が、今も残っている場所があり、ゴッホは、人生の最後を、この絵を描きながら過ごした訳です。

 

オーベルシュルオワーズという街は、ここ。確かにパリ郊外。パリのコンコルド広場から車で44分、徒歩では6時間6分。約40kmね。

で、記事によりますれば、オーベルジュ・ラブーという宿で生涯最後の70日間を過ごした、とあります。おう。ありました。ラヴー旅館。そのラヴー旅館から、「人生最後の1週間に制作していたオーベルの城の裏の畑に行くために」、その木の根と幹がある場所を通っていた、と書いてます。

 

早速、検証してみよう。

「オーベルの城」は、たぶんこれだと思われます。フランス語は読めんけど、シャトーオーベルとかなんとか書いてるみたいですきんね。これだ。

ラヴー旅館から、この城の裏手へ行く道を、丹念に辿ってみました。

結論から言うと、わからん。道沿いに、そのような場所は、少なくともストリートビューでは発見できませんでした。

でも、お城の裏手のベルトレ通りを行ってると、なにやらゴッホの絵みたいなのを発見

ここが、「人生最後の1週間に制作していたオーベルの城の裏の畑」なんでしょうかね。違うかも知れんけど、そうかも知れん。

 

と、まあ、ゴッホが最晩年を過ごした街を、真夏真っ盛りの日曜日、エアコンの効いた部屋で探検してます。コロナならでは、やね。暑い、夏の、コロナの、過ごし方。


←前日の日記2020年08月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

日記検索

年月別過去ログ

年のクリックで月を表示・非表示します。月をクリックすると記事一覧を表示します。

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

サイトマップ

facebook instagram