おすすめ

今日のにっこりひまわり

25歳の瀬戸大橋〔3647〕2013/04/10

25歳の瀬戸大橋

2013年4月10日(水)晴れ!

今日は、香川県の坂出に来ちょります。ひまわり乳業香川支店のある坂出。お天気はだんだんと良くなってきましたが、風があって冷たい。海岸に立つと、結構冷やいです。

1988年4月10日、つまり、25年前の今日、この、瀬戸大橋が開通したということですね。なるほど。
う〜ん、こうやって撮影すると、ひとっちゃあ巨大感が伝わらんがが悲しい。いや、実際に、この坂出の番の州の先っぽに立ちますと、ホントに巨大であることが体感できます。で、この海も、今日みたいに風が強い日には、全然穏やかではありません。白波が立ち、小舟ではもちろん無理。昔、動力がない時代には、少々大きめの船でもオオゴトやったでしょうね、これは。かなり勇気が要ります。

そんな海に架けられた橋、瀬戸大橋。もう、あの瀬戸大橋ブームから25年も経つがですねえ。ほんのこないだみたいに思うがですが。
ここは、番の州の、瀬戸大橋記念公園の北側。堤防によじ登って撮影しました。
番の州は、坂出の海にあった沙弥島と瀬居島と四国本土の間を埋め立てて造成された、工業団地用の土地。Googleマップで見ると、昔の沙弥島と瀬居島が、番の州のどの部分かわかるようになっちょります。なるほど、という感じ。昭和40年から47年にかけて、造成しちょりますな。昭和46年には、四国電力の火力発電所の1号機が稼動を始め、4号機まで建設された、とあります。ふむ。

小生の通うた小学校、こないだ閉校になった追手前小学校の修学旅行は、香川、小豆島でした。で、小豆島の記憶が一番強いので、皆、坂出の発電所を見学したことはメッソ覚えちゃあせんと思います。しかし、間違いなく、来ました。
小学校6年生とすると、昭和48年か。当時、完成したばっかしの、最新鋭の火力発電所を見学してきた、ということになるがか。知りませんでした。

それはともかく瀬戸大橋。向こうに、こないだご紹介した与島も見えます。25年前のブームはすごかったですねえ。こんな巨大な橋、とにかく地球上でも類を見ない規模の橋で、景観も抜群ですき、ブームになったがもわかります。今でも、その美しさは変わらない。しかし、ブームはブームでした。
特需を当て込んだ売店や娯楽施設は、数年後には、全部寂れてしまいました。ホントにおそろしいのは、ブーム。
今はもう落ち着いたものですが、まだ、開通当時のブームの痕跡のような寂れた建物などが、あちこちにも残ります。

今、瀬戸内は、直島などを中心とした、アートを中心にした街おこしが、活況を呈します。それに乗っかって、この瀬戸大橋の袂の番の州も、会場のひとつになっちゅうようです。香川県立東山魁夷せとうち美術館があるきですね。香川は、そういった分野に、今、力を入れちょります。
つまり、そこにあるものを単純に呼び物にするのではなく、工夫し、努力する。地道に、継続的に。それが大切、ということを、瀬戸大橋ブームを教訓に、理解しちゅうきでしょうか。

ともあれ、やはり美しい景色ではあります。が、橋が架かった島々の将来のことを考えると、少し複雑な心境にもなります。


←前日の日記2013年04月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

フッターアクセスメニュー