おすすめ

今日のにっこりひまわり

猫と神社〔4914〕2016/09/28

猫と神社

2016年9月28日(水)ふったりやんだり・・・

今日もへんてこりんなお天気は続く。照ったり、降ったり、やんだり。いいかげんにして欲しいですな。

それはともかく。
今日のお昼、潮江天満宮さんに寄ってお参りしてきました。 最近、潮江天満宮と言えば、猫。
こないだ拝殿の前でダラけきり手水舎の前で顔を洗い鳥居の下で座っていた、あの、態度の大きい、神社の主のような猫さん。今日もいましたいました。今日、最初に居たのは、拝殿前の参道の真ん中。参道に座り、眠たげな顔。
もちろん、しゅっと横を通ろうが、近づいて写真を撮ろうが、まったく動じない。

お参りを済ませていると、少し雨が。
すると猫さん、物憂げに歩き始め、拝殿脇の、お札とかの販売所のカウンターの上へ。この販売所の建物は、お正月とかお祭りの時とかにしか営業してないので、今日はガランドウ。そのカウンターに乗って雨を避け、ゆったりとくつろぐ、猫。堂々としたもんだ。いや、見事。

この姿を見て、思い出した。四万十市中村、一條神社の猫。
昨年の7月9日、中村の一條神社さんで出くわした、神様のような、猫。同じくお札販売所のカウンターの上。「願掛神木 ¥200」と書かれた箱に心地良さげに乗ってたたずむ猫は、この潮江天満宮の猫と、似てました。
神社と猫。神社の猫は、参拝客に大切にされるので、表情が穏やかで物事に動じない。そんな共通点があるのでありましょうか。

で、猫と神社。調べてみましたら、須崎市に、猫神社というのがありました。そんなのがあるんだ。須崎市観光協会のホームページにありました。なんでも、旧吾川村にあったお寺でいたずらをしていた大猫が、そこを追放され、須崎市の海岸、箕越にたどりついた、という伝説に由来。で、その箕越集落の海岸で、その猫をお祀りしたのが「猫神社」。小さな小さなお宮さんですが、地元の皆さんにとても大切にされている。

場所は、多ノ郷から大阪セメントの横を通り、野見の方へ行く途中右手に入った海岸線の道路沿い。なんか、行き止まりの風光明媚な小さい集落の手前。一度、行ってみんと、いけません。

場所としては、以前ご紹介した、日本海軍の第二十三嵐部隊(第二十三突撃隊)須崎基地跡がある場所の近くだ。太平洋戦争末期、人間魚雷「回天」や、爆薬を装備した特攻ボート「震洋」が高知の太平洋岸に配備されましたが、その、基地。今も、戦争の生々しい遺跡がたくさんある山から海沿いに下ると、のどかな漁村と猫神社。

平和の有り難さがよくわかる、平和な風景が、そこにある。
眠たそうな猫が居る風景は、なんとも言えない良い風景。心が和らいでいく。


←前日の日記2016年09月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

フッターアクセスメニュー