おすすめ

今日のにっこりひまわり

2丁目の夏〔4861〕2016/08/06

2丁目の夏

2016年8月6日(土)晴れ

71年前の朝も、夏の日差しがジリジリと照りつける暑い朝でした。セミがなき、夏の雲が浮かぶ水色の、空。そんな記憶を呼び覚ますような、夏の風景。

ここは帯屋町2丁目。
昭和20年7月4日の高知大空襲などで、一面、焼けてしまった高知市中心部。戦争直後、その焼け跡で、焼け跡から掘り出した金物などを並べて商売が始まった。帯屋町2丁目は、病院などが多い地区であったが、その焼け残った物が売られ始めたのが、商店街としての発展のきっかけであったと言います。地主さんには、商店以外の方には土地を売らないよう働きかけたりして、商店街としての地位を築いてゆく。
昭和22年には大丸を誘致。

戦後、高知市民の台所となった大橋通りに隣接。高知でも有数の賑やかな場所に発展していきました。追手前小学校には1000名を超える児童が通い、追手前高校や土佐女子高校もあって、子供も大人も集う商店街でありました。
大丸は現在の位置に移転し、再び、そこは病院になりました。
この右手、現在金高堂さんとかが入る帯屋町チェントロが立つところ。僕が小学生の頃は、すでに大丸はなく、木造二階建ての、大きな病院がありました。病院の建物は、北の追手前小学校の校庭に隣接してあり、病院の前は広い誘導路が。

ここで地理院地図。
1974年〜1978年という空中写真を見ると、その病院のところは更地になっちゅう。丁度、その病院が旭に移転して取り壊され、跡地にショッパーズプラザ高知ができるまでの間の写真だ。
追手前小学校の校舎は、僕が通うた木造校舎。

で、1980年には、こんな感じになりました。火事で焼けた追手前小学校木造校舎は鉄筋コンクリートに建て替えられ、病院跡地にはショッパーズ。
ショッパーズは、ダイエーショッパーズになり、2005年11月30日まで営業されました。しかし、時代の流れダイエーは撤退。ダイエー営業最後の日を、このにっこりでもご紹介しちょりました。
その後、跡地はそのまま放置され、商店街側には巨大な壁面。
2丁目、不遇の時代。中心商店街でも、一番寂れた感があった、2丁目でした。

現在の地理院地図の空中写真は少し古いので、そんな当時の姿がわかります
ダイエー跡地は再び更地。北には追手前小学校。
西側の、住宅ば密集した「ひろめ屋敷」は「ひろめ市場」になりました。

そして時代は変遷し、ダイエー跡地にチェントロができ、ここの文具屋さんは、ビルを建ててスタバにしてしまいました。今や、高知で一番元気な事務機屋さんになった、追手前小学校の同級生。
2丁目は、明らかに元気を取り戻しつつあります。現在のGoogleマップは、こう

この向こう。
こないだまで、追手前高校の美しい時計台が見えていました。図書館工事がようやく進み、その工事で、隠されつつある時計台。

あそこには、巨大な図書館のビルが建ちます・時計台を上から見下ろす巨大な建物。

それはともかく、夏の朝の帯屋町2丁目。数奇な運命、数奇な時間を過ごしてきた2丁目は、これからも数奇な歴史を刻んでいくのでありましょう。

今は、静かな、夏の朝の風景。


←前日の日記2016年08月の日記翌日の日記→

HOME今日のにっこりひまわり

CMギャラリー

今日のにっこりひまわり
毎日健康社員日記

日記検索

フッターアクセスメニュー